【初心者向け】フォアハンドストロークの打ち方のポイントと練習方法

フォアハンドストロークの打ち方について疑問を持ったことはありますか?

「みんな打ち方が違うじゃん」

「うまい人は何が違うの?」

とか、思うことは様々ですよね。

実はフォアハンドの打ち方は、みんな違うけど共通しているポイントがあります。

この記事を読めば、何をすればいいのかがわかりますので、ぜひ最後まで読んでほしいです。

フォアハンドストロークの打ち方のポイント

前回の記事でフォアハンドのコツについて書きました。

ザックリ説明するとこんな感じ。

  1. スプリットステップをする
  2. ボールに対して軸足を決める
  3. 体を回転させ、左肩をグッと入れる
  4. 股関節を一瞬入れる
  5. ボールに合わせてスイング

詳しくは↑の記事を読んでください。

フォアハンドのコツは、この5つのポイントだけです。

うまい人とか自分の目指してる人、参考にしている人なんかは、この5つのポイントを実行しています。

このポイントを見て、今なんとなくでこの通りにできますか?

80%くらいできれば、あとは繰り返すこと徐々に体が覚えていきます。

しかし、実際にボールを打つとなると話は別ですけどね。

たぶん、95%の人がぐちゃぐちゃになっちゃうと思います。

そこで重要なのが練習方法です。

フォアハンドストロークの練習方法

ある程度コツを理解して、素振りでできるようになったら、実際にボールを打って練習していきます。

1.手出しのボールを打つ

一番簡単にできることは、手出しのボールを打つことです。

練習の序盤にやりますよね。

フォームの確認をしてから練習に入るためには、手出しの練習は欠かせません。

この練習こそ打ち方を体に覚えさせるチャンスなので、しっかりポイントを意識してやっていきましょう。

もし手出しでも難しい方は、自分でボールを出してやってみてください。

2.手出しの距離を長くする

基本的な内容は変わりませんが、少し球出しの距離を長くしてやります。

これによって球速は若干速くなるため、少しレベルアップした練習ができます。

難しい方は、距離を短くした球出しをもっとやっていきましょう。

3.壁打ちで練習する

壁打ちをするところがある方は、壁打ちも利用してください。

返ってくるテンポは少し速くなりますが、ボール自体はそんな強くないので、じっくり確認しつつできると思います。

それに自分のペースでできるため、1回1回確認できるメリットもありますね。

4.ラケット出しのボールを打つ

一応ラケットで打っているので、より実践に近い練習になります。

ここまでできるようになったら、自信をもってラリーしてみてください。

まだ、スピンやスライスなどに手こずると思いますが、段階的にはやることがないので経験を積むだけです。

まとめ

フォアハンドストロークの打ち方と練習方法について説明してきました。

打ち方は人それぞれだけど、ポイントはしっかりあります。

  1. スプリットステップをする
  2. ボールに対して軸足を決める
  3. 体を回転させ、左肩をグッと入れる
  4. 股関節を一瞬入れる
  5. ボールに合わせてスイング

5つのポイントを意識して練習していきましょう。

練習方法については以下でした。

  1. 手出しのボールを打つ
  2. 手出しの距離を長くして打つ
  3. 壁打ちで練習する
  4. ラケット出しのボールを打つ

自分のペースに合わせて練習方法を選んで、次のステップに入っていきましょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【どれを選ぶ?】テニス中継が見れるLIVE配信サービス
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク