以前、錦織が使っていたガットなので、錦織に興味がある方は知っているかとかと思います。

今回は、そのアルパワー・フローロを使ってみたのでレビューしていきます!

スポンサーリンク

アルパワー・フローロの説明

素材ポリ・エーテル・エーテル+アルミ・ファイバー+フローロ・カーボン

ゲージ1.23mm

カラーシルバー

ガットの特徴

  • パワー
  • スピード
  • しなやかさ

アルパワーが持っているパワー、スピードに、フローロ・カーボンを使用して、しなやかさを加えたモデルとのことです。

このような説明を聞く限り、ずっと柔らかさを求めている錦織が選んだガットということで、普通のポリよりは柔らかく感じるのだろうとイメージはしています。

スポンサーリンク



使った感想

アルパワーの柔らかいバージョンだ!

ってのが第一印象でした。

アルパワーがお気に入りだけど、少し打感が硬いかな?って思ってる人にはいいガットです。

ただ、アルパワーほどのパワーはないような気がします。

やっぱりある程度パワーのあるショットを打つためには、強い衝撃も必要なのでしょう。

パワーと衝撃は比例関係にあるので、しなやかさをプラスした分、パワーが少し弱くなったのだと思います。

しなやかさがある分衝撃も少なく、アルパワーよりも楽に打てるモデルだと思いました。

ゲージも1.23mmと標準よりも細いものしかないですが、スピンがかかりやすいのも1つの特徴ですね。

柔らかいから接触時間が長く、スピンをコントロールすることができます。

これはアルパワー・ラフにも似ているところですが、アルパワー・ラフは扱いが難しいって人には、アルパワー・フローロをおすすめします!

しなやかさがあるため、打ち出し角度が高くなるかと思いましたが、アルパワー同様の素材を使っているせいか、思っているよりも低い角度で飛んでいきました。

スライスを多用する方には、いい特徴じゃないでしょうか。

唯一欠点とすれば、テンション維持性能が低いこと。

アルパワーもそんなに高い方ではないですが、スピンがかかりやすいガットであるせいか、緩むのが早いのか?って感じです。

2週間たったら伸びてしまうでしょうね。

維持性能が悪いことが気になるなら、4Gが似たようなガットなので、そちらを選ぶといいと思います。

おすすめしたいプレーヤーは、

  • アルパワー・ラフだと扱いが難しいという人
  • アルパワーが気に入ってるけど、ちょっと硬いかな?と思ってる人
  • ポリを使いたいけど、硬いのがちょっと・・・という人(女性とか、ジュニアとか)

まとめ

アルパワー・フローロはアルパワーと同じく、全体的に性能が高いガットでした。

ゲージも細いから余計に柔らかさを感じるため、アルパワー使ってみたいけど難しいのかなー?って思っている方には入門としていいかもしれません。

スポンサーリンク

よく読まれる記事