最強クラスに細いガット、ティモを発見したので、レビューさせていただきます!!

スポンサーリンク

ティモの説明

素材   モリブデン+チタン・ファイバー+フローロ・カーボン

ゲージ  110mm

カラー  ライト・シルバー

ガットの特徴

  • スピン
  • 打球感の軽さ
  • 高反発

ゲージの太さ110mmの極細タイプ。ゲージの太さは110mmのみ。(以前は1.17mmもあった?)

反発力が強いところも魅力。

使った感想

使う前は、細すぎるガットでどんなボールになるのか、感覚はどんなふうに感じられるのか、ウキウキでした!笑

なんだろう、打った感覚がダイレクトに伝わってきて、すごく打ちやすい

以前、打球感を良くしたくて、プロハリケーン・ツアーの120mmの使ったことがありますが、それよりも良い!!

ゲージが細いからガットがよくたわむし、ボールとの接触時間もすごく長いように感じました。

スピンのかかりもすごくよくて、スピンプレーヤーに向いているのかな?とも思いましたが、このゲージの細さだと耐久性に問題があります・・・

反発力が強いため簡単にボールが飛んでくれるのがいいですね。

ボールを掴む感覚と弾く感覚の両方があるのは、珍しいんじゃないでしょうか。このガット以外じゃ体験できない感覚だと思います。

ボレーもしっかり掴んでから打つことができるので、ソフトタッチが得意になったかのような感覚が味わえました。

もしかしたらボレーヤー向きかもしれません。

細すぎる分テンション維持性能が致命的・・・

1ヶ月以上は使えないと思ってください。

まあどちらにしてもラリーを多くやったらすぐに切れてしまいそうですが。

ラリーといえば、シングルスでは使わない方が良さそうですね。頻繁にガット交換をしなくてはいけなくなります。

逆にダブルスならストローク戦は少ないし、ボレーのコントロールがしやすいことから、すごく良い感覚でできると思います。

おすすめしたいプレーヤーは、

  • 最高の打球感を求めてる人
  • ボレーをする機会が多い人
  • ダブルスをメインにやってる人

まとめ

スピンがかかりやすいが、ゲージが細いため耐久性に難あり。

よくボレーをするならこのガットがぴったりかもしれない。ぴったりというかことの打球感にハマってしまいそう。

未知なる感覚を味わうことができるので、極細ガットのティモ使ってみてください!

スポンサーリンク

よく読まれる記事