3ヵ月で-7キロ!!16時間断食でやってきたこと

痩せたい!!

ふと考えると思いますが、なかなか行動できずにいませんか?

ファスティングの仲間である16時間断食なら、もしかしたら簡単に始められるダイエット法かもしれません。

そして私が行ってきたことで難しいものは何もありませんでした。

  • 確実に痩せたい
  • ダイエットが続かない
  • 料理がめんどくさくてダイエットレシピが無理

という方は、本当に簡単に取り組める内容になっているので、ぜひ参考にダイエットに取り組んでいただけたらと思います。

16時間断食にした理由

私がダイエット法を16時間断食に決めた理由は以下です。

  • やり方が簡単
  • 1日から1食抜くだけでいい
  • 1食分を考えなくていい
  • 8時間の間は何を食べてもいい
  • 運動をしなくていい
  • 忙しい朝が楽になる

どう思いました?続けられそうですか?

手抜きがちな私にとってはどれもぴったりというか、続けられそうな理由だったので選んだわけです。

私自身では「自分よりめんどくさがりな人はなかなかいないだろう」と思っているので、結構ハードルの低いダイエット法じゃないでしょうか。

食べるのが大好きな人にとっては苦痛かもしれませんが、ダイエットに食事制限はつきものです。

「8時間の間は何を食べてもいい」という条件を考えれば、そこまできつくないとは思いますよ。

16時間断食でやってきたこと

私が16時間断食でやってきたことは以下です。

  • おかずを多く食べる
  • オートミールを使う
  • 飲み物は水がメイン
  • 週1日は16時間ダイエットを休む
  • 毎日体重計に乗る
  • 鏡で体を見る

できそうなものが半分くらいありましたか?

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

おかずを多く食べる

まずはおかずを多く食べましょう。

これはお米や麺類と言った糖質をできるだけ控えるのが目的です。

カロリーで表した時に、糖質ってなかなかカロリーを稼いじゃうんですよね。そんなに量を食べてないのにカロリーを摂りすぎてしまうんです。

おかずならたんぱく質がメインになり、カロリーもそんなに高くないのでちょっと食べ過ぎるくらいでは全然問題ありません。

なので、お米や麺類をおかずで補ってあげる程度に思っておくのが良いと思います。

オートミールを使う

オートミールも使ってヘルシーにしました。

オートミールも糖質ですが、お米と比較すると糖質はカットされていてカロリーは低いです。

また、GI値が高くないので血糖値のバク上がりも防ぐことができ、肥満の防止にもつながります。

ただ、オートミールはおいしいとは言えないので毎日食べなくてOK。2日に1食程度にしていました。

飲み物は水がメイン

飲み物は水をメインにしていました。

ジュース類は糖分が入ってるから、できるなら避けたいところです。

コーヒーなども避けた方がいい良いみたいですが、16時間意外の8時間のうちだったら飲んでしまってもいいと思います。

私は元から水ばかり飲む習慣だったので、これに関しては厳しくありませんでしたし、時には炭酸ジュースも飲んでいました(笑)

週1日は16時間ダイエットを休む

週に1日は16時間断食なんて忘れて、のんびりと過ごしましょう。

16時間断食に限らずダイエットするには週1くらいは休んでいいと思います。

週1くらいで休んでもダイエットは失敗しません。

休むことで次のようなメリットがあげられます。

  • ストレス緩和
  • サボりありだから続く
  • 好きなものが食べられる

私も炭酸ジュース飲んだし、ペヤングのBIGにも挑戦もしました。

1日サボっても失敗しないし、頑張っても成功しません。気長に継続していくことが成功の近道です。

毎日体重計に乗る

毎日体重計に乗って体重の変化を確認しましょう。

パッと見ではダイエットの成果はわかりません。月単位で期間が必要です。

体重計に乗れば、0.1㎏で増減をチェックすることができます。

そしてモチベーションの維持にもつながっていくので、体重の測定はルーティーン化してください。

測定は朝起きてトイレに行った後です。

停滞期もありましたが、期間のわりに変化が見られたので面白かったです。

鏡で体を見る

お風呂上りや入る前でいいので、全身を鏡で見ましょう。

今の自分の体をチェックすることによって、理想の体との比較ができるし、どこの肉を減らしたいとか思うことが出てきます(笑)

まあこれもモチベーションの1つですよね。

腹筋に線が見えてきたとかでもモチベーションは一気に上がってくると思うんですよ。

そういった体の変化を目で確認できるチャンスなので、鏡を見ることは継続するために必要でした。

16時間断食のビフォーアフター

同じ角度から撮った写真がなくて申し訳ないですが、ビフォーアフターです。

背中側ですが、ちょいパツパツ感がありますよね。

7キロ減った後の写真です。

腹筋も出てきてるし、全体的にスリムになりました。

本当は同じ方向からの写真で見比べた方が違いがわかりやすかったので、こういった変化を観察しようと思ったら見比べやすいような工夫は必要だと思いました。

ぜひダイエットするときには、同じ方向からの写真は撮っとくといいです。

16時間断食で気を付けること

16時間断食をするうえで気を付けるべきことがあります。

この3点は誰でも共通する部分になると思います。

  • いきなり16時間じゃなくてもいい
  • 空腹時低血糖状態になる
  • 無理な運動はしない

いきなり16時間じゃなくてもいい

16時間断食というダイエット法ですが、いきなり16時間から始めようとするときついかもしれません。

人によっては14時間以上は無理とかあると思いますが、最初はきついので14時間でもいいと思います。

大事なのは16時間できないからと言って諦めないことです。

昨日より10分伸ばすだけでいいので、少しずつ16時間にしていきましょう。

ちなみに私は13時間から始めて、10日程かけて16時間にしていきました。

空腹時低血糖状態になる

最初はお腹が空きすぎて、吐き気やイライラなどがあるし、低血糖状態で気持ち悪くなります。

ですがこれは慣れで解決するので、水で空腹感を紛らわしてください。

お腹が空くと気持ち悪くなる人は、これが訓練になって低血糖状態を改善することができます。

私もお腹すくと気持ち悪くなるタイプでしたが、今は18時間くらい何も食べなくても気持ち悪くならなくなりました。

無理な運動はしない

無理な運動は避けましょう。

運動するときには糖分がエネルギーとなりますが、朝食抜きの午前中はまじできついです。

ただのジョギングでさえもフラフラしたような感覚になりました。

10分とかなら全然問題なく運動ができると思います。あとは慣れしかない。。

激しい運動や長時間の運動はきびしいと思うので、体力や調子を見つつやってほしいと思います。

16時間断食の改善点

16時間断食をやってみて、これをすればもっと結果が良くなったみたいな改善点がありました。

  • 運動をする
  • 筋肉をつける
  • 食事の量に気を付ける

たまには気晴らしにやっていたんですけど、習慣としては全然できていなかったので、これらのことを改善できたらもう一つランクアップできると思います。

-7キロでも個人的にはめちゃくちゃ嬉しかったんですけど、この結果があるからこそ上を目指したくなりました。

もし16時間断食をされるのであれば、余裕があれば↑の3つにも気をつけながらやってみてほしいです。

まとめ

3ヵ月で-7キロできた16時間断食についての報告でした。

いろんなダイエット法がある中で、一番楽というかラフにできるダイエット法なんじゃないかと思います。

あれこれめんどくさくてダイエットがなかなかうまくいかない方は、16時間断食を試してみてください。

2週間で体重に変化があります。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク