3人家族の生活費の平均は?【平均以下ならGOOD!!】

今月も赤字経営・・・

生活費は毎月のように襲い掛かってくるわけですが、手取り収入以下に抑えられているでしょうか?

中には毎月赤字で、ボーナスで挽回!みたいな家庭も多いはずです。

実際のところ、3人家族の生活費はどんなもんなのか見ていきたいと思います。

3人家族の生活費の平均


引用:エネチェンジ

3人家族の生活費の平均は292,340円です。

ぱっと見の感想はどうでしょうか。食料だけで支出の1/4以上を占めていることがわかります。

人によっては収入をはるかにオーバーした支出になっていると思います。私からしたらありえない数値ですよ。。

各項目が見づらいのでザっと数値を出してみました。

  • 食料・・・75131円(25.7%)
  • その他・・・59929円(20.5%)
  • 交通、通信・・・43851円(15.0%)
  • 教養、娯楽・・・26311円(9.0%)
  • 水道光熱・・・22802円(7.8%)
  • 住居・・・18710円(6.4%)
  • 保健、医療・・・13155円(4.5%)
  • 家具、家事用品・・・11401円(3.9%)
  • 被服、履物・・・11109円(3.8%)
  • 教育・・・9940円(3.4%)

あくまで平均だし、項目も家庭によってどこに入るかは違ってくるため、参考までにしておきましょう。

ぼぶ家の生活費

せっかくなので、我が家の6月の生活費を載せておきます。

支出はざっくり15万円で、平均よりも大幅に抑えることができてました。

上のとはグラフの項目が全然違うので比較はできませんが、自分でわかるようなグラフになっていればOKです。

生活費を節約する方法

1.家計簿をつける

まずは家計簿をつけて、自分が1ヵ月にどれくらいの使っているか、またどんな項目に使っているかを把握しましょう。

今の時代、家計簿は誰でも簡単につけられるようになりました。

おすすめはマネーフォワードです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

クレジットカードと口座さえ登録しておけば、自動的に家計簿をつけてくれます。

財布からの支出に関しては、カメラでレシートを撮るだけなので、手間いらずでつけることができます。

これでレシートを撮影するクセと、1ヵ月の支出を把握してください。

2.固定費と変動費にわける

家計簿をつけたところで固定費と変動費に分けていきましょう。

固定費とは、毎月一定額で出ていくもの。変動費は月によって変わるもの。

【固定費】・・・家賃、光熱費、水道、保険、スマホ代など

【変動費】・・・食費、趣味、日用品、服など

ザっとでいいので分けることができたら、固定費の方に注目していきます。

3.固定費を削るのが節約の第一歩

節約を考えるときに、1番最初にやってほしいのが固定費を削ることです。

さっきの円グラフをみて、食料の割合が大きかったので、1番に節約したいですよね。

しかし、食料は意外にも目に見えにくいし、外食を控えることくらいしかできません。

固定費なら金額は決まっているので、節約につながりやすく、大きく支出を減らしていけます。

1番見直してほしいのが、保険料とスマホ代です。1万円くらいの節約ができます。

4.食料をどこで買ってるかが重要

「外食してませんか?」、「コンビニを利用しすぎてませんか?」

もし「はい」と答えた人は食費が大きくなっているはずです。

できれば自炊、買うのはスーパー、そうなってくれば自然と食費は落ち着いてくると思います。

家計簿をつけるときには、食費のところに「スーパー」、「コンビニ」、「外食」と分けてつけるといいかもしれません。

一気に食費を改善できなくても、どこで使ってるかがわかるだけで、大きく支出を減らすことができるため、やはり家計簿が重要なんですよね。

まとめ

3人家族の生活費の平均についてみてきました。

住む場所によって違うのであくまで平均というわけですが、使い過ぎということがわかりましたね。

グラフだけでは見えない部分が多いため、参考までにしてほしいところです。

まずは家計簿をつけて、どのくらい支出かを把握するだけでも一歩前進です。

コツコツと記録して、各項目ごとに平均値よりオーバーしてないかでもわかるようにしていきましょう。

YouTubeを更新しました。不定期の更新になりますので、チャンネル登録及び通知をONにしていただけると嬉しいです。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめぼぶのテニスTV