テニス初心者がフォアハンドを身につけるためのコツを紹介

練習の軸でもあるラリーを成立させるためのショットを言えばフォアハンド。

そのため、1番最初に身につけると練習メニューの幅が増えて、技術的にどんどんステップアップすることができます。

「たしかにフォアハンドは1番打ちやすい気はするけど、全然うまくできないんよ。誰か教えて~。」

という方も多くいると思うので、初心者がフォアハンドを身につけるコツについて説明していきたいと思います。

初心者がフォアハンドを身につけるコツは日常の動作にある

前提として、フォームは人それぞれ

フォアハンドはテニスの中で1番自由度が高いショットです。

だからこそ個人差が出やすく、簡単そうに見えて教えるのが難しいです。

フォアハンドを参考にするために、YouTubeでプロの動画を見たことがあるでしょうか。

参考までにジャック・ソックのフォアハンドを見てください。

すごく独特なフォームですよね。

普通の人がこのフォームを真似しても、こんなパワーのあるストロークは打てません。

ただ、ジャック・ソック本人にとっては、このフォームで打つことが合っているんですよね。

他にも独特なフォームを極めた選手は何人かいます。

プロ全体を見ても似たようなフォアハンドを打つ選手はいるけど、同じフォームで打っている選手はいないに等しいと思っておきましょう。

これが人それぞれということです。

では、どうしたら自分のフォアハンドを見つけることができるのか。

初心者は歩くことでフォアハンドのコツがわかる

「歩いてわかるかー。ふざけんなー。」

って思われそうですけど、歩くことで自分のタイミングがわかるようになります。

歩き方1つとっても、人それぞれの歩き方がありますよね。

重心の取り方、歩くときのフォーム、筋肉の使い方、似ているけれど、実際には少しずつ違う動きをしているはずです。

ということで、歩きながらフォアハンドのスイングをしていきましょう。

やり方は簡単です。

  1. 右足を出しながら体を回してラケットを引く
  2. 左足を出しながらスイング

この1,2をセットと考えて、繰り返すだけです。

ちょっとしたタイミングのズレで、振りやすい振りづらいが出てくると思いますが、それで正解です。

振りやすいと思うやり方を、実際にボールを打つ時にできたら、フォアハンドのコツを掴んだと言っていいでしょう。

コツを掴んだら、さらに繰り返すことで自分のフォアハンドが見つかります。

  • 手出しのボールを打つ
  • 休憩時間に歩きながらスイングする

この2つを繰り返すことで、スイングのしやすい自分だけのフォアハンドを極めることができます。

フォアハンドのコツがわかったらやること

フォアハンドのコツがわかったら、次の3ステップのやっていきましょう。

  1. まずはコートに入れる
  2. 少し動きながらコートに入れる
  3. 軽い振り回しでコートに入れる

基本的にはコートに入れることを頭に入れながら打ちます。
※どのステップでも自分のスイングは忘れずに

ロブでも強打でも何でもOK。自分のフォームでコートに入れば自信につながります。

自分のスイングができてることを確認したい場合には、アウトでも構いません。スイングに集中していきましょう。

以上の3ステップができるようになれば、本当の意味でフォアハンドのコツを掴んだと言っていいですね。

コートに入れることができる時点で、もう初心者と呼ぶのは失礼かもしれませんが(笑)

「テニス初心者がフォアハンドを身につけるためのコツ」まとめ

フォアハンドは人それぞれだから、自分に合ったやり方を見つける。

合ったやり方を見つける方法は、歩きながらのスイング。

  1. 右足を出しながら体を回してラケットを引く
  2. 左足を出しながらスイング

この2つの動作がスムーズにできるようになると、フォアハンドのコツがわかってきます。

「コツがわかったらやること」に関しては、初心者だとキャパオーバーになる可能性は高いので、まずは歩きながらスイングに集中してやっていきましょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク