ボレーで1番難しいのはなんですか?

という質問に対して、ほとんどの方がバックのハイボレーと答えると思います。

バックのハイボレーは力が入りづらいため、とても難しいボレーですね。

しかし、それよりも難しいのがボディ!

ストロークの時と同じで、ボディは体に近すぎるため、窮屈だし力が入らないしでもっとも打ちづらい打点です。

そんなボディでも打ちやすくする方法があるので、紹介したいと思います。

ボディは基本的にバックで打つ

あなたはボディにきたボールをどのように対処しますか?

覚えておいてほしいことはたった1つで、ボディにきたら必ずバックで打つこと。

試しにフォアの面でどれくらいの範囲カバーできるか試してみてください。

胸にきたボールが取れませんよね?

じゃあ次にバックでカバーできる範囲を見ていきましょう。

胸にきてもカバーできるし、少しならフォア側だってカバーできます。

バックが苦手な方が多いのが、ボディを苦手としてしまう1つの原因てこともあるのでしょう。

ほとんどの方がバックの方が苦手だと思いますが、ボディ付近はバックの方が万能なので、少しずつ苦手を克服する努力ができるといいですね。

わずかに時間があるならかわして打つ

バックで取るときには、時間に余裕がないときですが、少しでも時間があるなら、いい体勢で打ちたいですよね。

そんなときは、足を引いて少しだけ時間を作る!

ボールがフォア側のボディにきたとしましょう。

普通に打つのでは間に合いませんが、右足を左足の後ろに引いてください。

そうすると、普通にフォアボレーをする時よりも、30cmほど打点が後ろになり、その分だけ時間を作ることができます。

このボレーはラケットを動かさないで、壁のように当てるだけにするのがポイントです。

30cmしか・・・と思うかもしれませんが、この30cmが意外にも考える時間になったり、冷静になったりする時間として使うことができるんですね。

フォアだけじゃなくてバックも同じで、バックだったら左足を右足の後ろに引くようにステップすると、打点を遅らせることができます。

足を1歩引くだけで簡単にブロックできるので、これ以上に効率の良い返し方はないと思います。

ボレーは壁を作って当てるだけ!というように、ボディに関してはその通りでしょう。

というよりは、窮屈すぎて振ることの方が難しいかもしれませんね。

まとめ

ボディのカバーの仕方と、効率の良いステップについての説明でした。

ボディはボレーの中で1番難しいですから、一瞬の判断が重要になります。

逆にボディにきて反応することができれば、他はどこにきても届く範囲なら絶対に返せるので、ボディの練習で判断力を磨いてもいいですね。

スポンサーリンク

よく読まれる記事