ダブルスでスライスのストロークは有効?3つの使い方を解説

ダブルスでスライスはNG!

ダブルスにおいて、「スライスを使うと前衛に引っかかるから禁止」と言われたことはありませんか?

たしかにストローク戦では、スライスを打たせた方がポイントをとる確率が高いことは事実です。

ただ、スライスを封印するほど使わないというのももったいないと思いませんか?

ここではダブルスでのスライスのストロークの使い方を解説していきます。

ダブルスでスライスのストロークは有効?

そもそもダブルスでスライスは有効なのか?という問題ですが、結論から言うとめちゃくちゃ強いです。

強い理由は3つあります。

  • 滞空時間が長い
  • 低い打点で打たせることができる
  • 相手が動いてからコースを変えられる

この利点を生かしてダブルスに活用することで、スライスが逆に武器になってきます。

ダブルスにおけるスライスストロークの使い方

ダブルスにおけるスライスストロークの使い方は全部で3つあります。

  1. ショートクロスに低いスライス
  2. ストレートを抜く
  3. ロブで時間を作る

では1つずつ解説していきます。

ショートクロスに低いスライス

ショートクロスへのスライスは攻めの時に使います。

気を付けるポイントは3つです。

  • 浅く跳ねないように打つ
  • 前衛に引っかからないようにする
  • できれば前に出れるのが良し

前衛に引っかからないようにアングルを狙いましょう。

跳ねないようできれば持ち上げるしかないので、ボレーで決めやすくなります。

そのチャンスを逃さないように、スライスをアプローチショットとして使えるといいですね。

攻めの時に使える方法なので、ベースラインより内側で打てる時にはどんどん使ってOKです。

ストレートを抜く

ストレートへのスライスは基本的にはNGですが、攻めている時や状況によっては使える一手になります。

使うタイミングとしては以下です。

  • ショートクロスへのスライスが効いてる時
  • スライス面を作るとポーチに出てくる相手の時

ショートクロスは攻めの時に使える戦術で、これが効いてると前衛のポジションが真ん中に寄ってきます。

ショートクロスが使えるとポーチに出るタイミングも速くなるので、そこで初めてストレートに打つことができます。

あとはスライス面を見せたときにポーチしてくる相手の時。レベルが上がるにつれてこの傾向は強くなります。

ロブで時間を作る

ロブで時間を作るは守りの時の戦略です。

あまり出番のないロブですが、以下の時には使えます。

  • テンポを変えたい時
  • ストローク戦で守りの展開になった時

主に相手のストロークが強くて、完全に守りのストロークになる展開の時ですね。

あまり弱いストロークだと前衛に「ポーチしてください」と言ってるのと同じなので、このような時にはロブで一度逃げて態勢を整えましょう。

まとめ

ダブルスにおいてスライスストロークは実は重要なショットかもしれません。本来守りとなるショットが、攻めにつながるんですから。

使える戦術は以下の3つです。

  1. ショートクロスに低いスライス
  2. ストレートを抜く
  3. ロブで時間を作る

とりあえずこの3つだけ覚えて準備しとけばOKだと思います。

スライスを使った展開にしてみると、新たな戦術が見えてきそうですね。

YouTubeを更新しました。チャンネル登録で応援してくれると嬉しいです(^^)
↓  ↓  ↓
🎾ぼぶのテニスTV

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめぼぶのテニスTV