【テニスで最重要】フォアハンドを安定させるコツは「打点」

フォアハンドは安定しているでしょうか?

テニスを始めた時からずっと打っているフォアハンド。回数からしても1番多く打っているフォアハンド。

「いつになったら安定してくれるの!?」

そんな悩みを抱えてる方には、ぜひ読んでほしい記事になっています。

ポイントだけ抑えれば、フォアハンドは自由度も高くて一番安定するショットなのはプロを見ればわかるでしょう。

これから武器にしていくためにも、重要である「打点」、それから「打点のコツ」を覚えてもらえたら嬉しいです。

フォアハンドを安定させる1番のポイントは打点

フォアハンドを安定させるには、打点に気を付けることが重要です。

「打点は前」と表現する機会が多いと思いますが、その通りなんですよね。

なぜ打点を前にすると安定するのかわかりますか?

理由は大きく2つあります。

  • 体より前の方が力が入る
  • スイングが加速するポイントが思っているより前

この2つの理由から、打点は前になります。

横から見たときに、体と同じ位置でインパクトを迎えていたら、パワーは全然伝わっていないことになります。

フォアハンドの打点は、思っているよりも前方だと覚えておきましょう。

では、フォアハンドの打点(力が入るポイント)を見つけるコツはあるのか。

フォアハンドの打点を探すためのコツは4つ

フォアハンドの打点にはコツがあります。

最初に打点のコツを一気に紹介します。

  1. 打点はできるだけ前(力が1番入るところ)
  2. なるべく体から遠いところ
  3. インパクトはスイング軌道が真っすぐになるところ
  4. テイクバックで構えて時に左手で目安を作る

この4つのポイントが打点を見つけるコツになります。

打点はできるだけ前に取るんですけど、スイングすると遠心力で体から遠い位置をラケットが通過します。

遠心力が強い=スイングスピードが速い、ほど肘が伸びて体が遠くなるため、前で取るけど横にも遠くなる。

前と横のバランスが大事ってわけですね。

私の場合には、ベンチプレスをすることがあるので、ちょうど力が入りやすい手幅がそのままフォアハンドの打点になっています。

もしベンチプレスをやる機会があれば、力の入る手幅を打点の参考にしてみてください。

そしてインパクトではラケットが真後ろから入る状態がベストです。

インパクトの形がそのままボールのコントロールになりますからね。

上記の1~3まででおおよその打点になる目安ができたら、あとは実行するのみですが、再現性を高めるために左手を使いましょう使いましょう。

テイクバックで構えた時の左手はどうなっていますか?

もし何も役割がないというなら、打点となる場所にそっと置いてみてください。

打点がいつも違くなってしまうという方は、左手を使うことで打点の参考になるはずです。

フォアハンドの打点を安定させる4つのコツ

打点を見つけるコツはわかったと思うので、次は打点を安定させるコツの説明をします。

再現性が高さは安定につながるので、ここも抑えておいてほしいです。

打点を安定させるコツは4つ。

  1. どんな時でも上体(姿勢)をまっすぐにする
  2. 手首、肘、肩といった関節部を支点として作っておく
  3. スタンスを広くとって目線のブレを少なくする
  4. インパクトをしっかり見る(顔が残って体幹がブレなくなる)

この4つのポイントができていれば、打点は安定するはずです。

1、2、4はどれもブラさないためのコツ。

上体、目線、体幹、といった部分は絶対ブレてはいけないので、打点を安定させるために1つとしてかけないことがベスト。

振り回しで返球が安定しなくなるのは、上記のブレにより打点が安定しなくなるからと思っていいです。

逆を言えば、上記のポイントをしっかり抑えることができていれば、振り回されようとも打点がズレることはないでしょう。

フォアハンドを安定させるためのコツは「打点」のまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

打点を探すコツが4つ。

  1. 打点はできるだけ前(力が1番入るところ)
  2. なるべく体から遠いところ
  3. インパクトはスイング軌道が真っすぐになるところ
  4. テイクバックで構えて時に左手で目安を作る

そして、打点を安定させるコツが4つ。

  1. どんな時でも上体(姿勢)をまっすぐにする
  2. 手首、肘、肩といった関節部を支点として作っておく
  3. スタンスを広くとって目線のブレを少なくする
  4. インパクトをしっかり見る(顔が残って体幹がブレなくなる)

打点を安定させるためのコツは、ブレの少なさと体が力の入る打点を覚えること。

体は反復練習で覚えてくれるので、ブレないようにするポイントは意識的にやっていきましょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク