「フォアハンドでスピンがかからない」

こんな悩みを持っている人は多くいると思いますが、その原因の1つにひじの高さがあります。

スピンをかけるには、インパクトの後にラケットを上に持っていかなければいけないので、ひじが肩の高さまで上げる必要があります。

しかし、「スピンをかけたいけどひじが上がらない、あげることはわかってるんだけどできない」

という人のために、2つ提案させてください!

スポンサーリンク

ひじを高くフィニッシュさせる2つの方法

1.左手でキャッチする

いくら意識してもフォロースルーが上にいかないという人は、左手を使いましょう。

具体的にどう使うかっていうと、フォロースルーでラケットのスロート部分、二股になっている部分をキャッチします。

キャッチするクセをつけると、ラケットは自然と左手のある部分に向かってスイングしてくれるんですね。

これを利用するとしたら、左手の位置を肩付近に置いてあげれば、今まで下がってたフォロースルーが高くなります。

フェデラーもこれやってますね。練習動画を見るとわかります。

フィニッシュが高くなれば、インパクト後は自然とラケットが上にいくので、意識しなくてもひじが上がり、スピンのかかった良いストロークになること間違いなしです。

2.フォロースルーを首に巻きつける

もう1つの手としては、フォロースルーを首に巻きつけること。

ソフトテニスのようなフォロースルーになってしまいますが、フィニッシュが肩よりも高くなるので、やはり自然とひじが高くなります。

「これでスピンがかかるの?ソフトテニス上がりの時はフラットしか打てなかったけど・・・」

そう思う人もいますが、実はソフトテニスと硬式テニスでは打ち方が違うため、よっぽど硬式テニスからかけ離れた打ち方をしない限り、しっかりスピンはかかります。

メドベージェフは結構ソフトテニスみたいな打ち方をしていますが、十分過ぎるスピンがかかっています。

硬式テニスを始めたばかりの時は、打ち方そのものができていなかったから、今やれば結果は違うかもしれませんよ?

ひじが高くなることは確かなので、物理的にはスピンがかかるので安心してください。

まとめ

ひじを肩の高さまであげる方法として2つ紹介しましたが、いかがでしたか?

あなたは、どっちの方がやりやすいですかね?

2つ目はソフトテニスっぽいので、見た目が嫌だ!という人は、左手キャッチをしてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事