【波がなくなる】フォアハンドストロークをうまく打つコツ

フォアハンドはショットの中で一番波があります。

上手く打てる時と上手く打てない時の差は何だと思いますか?

上手く打てなかった原因がわからないと、いつまで経っても波があり続けそうです。

今回は、フォアハンドストロークをうまく打つコツを紹介します。

コツをわかっていれば、うまくいかない時に修正するだけなので、うまくいかない時間が短くなりそうですね。

私も意識してやっていることなので、ぜひ最後まで読んでいってください。

フォアハンドストロークのコツ

まずはざっくりとコツを紹介します。

  1. スプリットステップをする
  2. ボールに対して軸足を決める
  3. 体を回転させ、左肩をグッと入れる
  4. 股関節を一瞬入れる
  5. ボールに合わせてスイング

この5つのポイントができていれば、フォアハンドストロークではミス知らずです。

逆にできていない時には、この中のどれかがうまくいってない可能性が高いです。

今度はコツに対して、説明していきます。

フォアハンドストロークのコツの詳細

1.スプリットステップをする

スプリットステップは基本のステップで、これをしないとボールに追いつくことが難しくなります。

追いつけないと、これから説明するコツがどうしてもできなくなるので、ここが一番重要なポイントかもしれません。

2.ボールに対して軸足を決める

ボールに対して軸足を決めるのは、土台作りをしっかりするためです。

軸足が良いポジションに決まらないと、土台は崩壊して体や目線がブレてしまいます。

そんな状態でスイングしても、安定感があるとは言えないですよね。

先ほどのスプリットステップがうまくできれば、軸足を決める時間を長くとれるので、良いポジションが見つけやすいです。

3.体を回転させ、左肩をグッと入れる

いよいよ準備段階です。

体を回転させて肩をグッと入れましょう。

ここまでできてようやくテイクバックの完成です。

フォアハンドストロークでミスがしやすい人は、1~3までがスムーズじゃないことが多いです。

とくに、最後の方を入れるところですね。

肩を入れることで体を最後までひねり切ることができます。

4.股関節を一瞬入れる

ここからスイングは始まります。

スイングというと腕を意識すると思いますが、重要なのは股関節です。

股関節を入れると地面を蹴りやすくなるため、地面から伝わってくるエネルギーをそのままスイングに持っていけます。

よく「溜めを作る」で表現されてますね。

股関節が入ってないと強く蹴ることができませんので、一瞬でいいから膝を90°くらい曲げる意識でグッとやっていきましょう。

これが地球のエネルギーというやつです。

5.ボールに合わせてスイング

あとはボールに合わせてスイングするだけです。

1~4の工程でエネルギーは十分、腕には力を入れないようにしてください。

脱力スイングと言われることが多いですよね。

1~4までしっかりできると、腕に力を入れる必要なくパワーのあるフォアハンドのできあがりです。

フォアハンドストロークのコツは以上です。

これで安定して打てないのだとしたら、体のどこかに力が入っている可能性があります。

とりあえずここまではしっかりできるようにしてほしいですね。

補足:スイングが終わったら次の準備をする

次の動き出しの話になりますが、打った後にゆっくりフォロースルーをしていると、次の動きが遅くなります。

次の動きが何なのかというと、スプリットステップです。

スプリットステップをしないと準備ができませんので、スプリットステップをするために、スイングが終わったらスプリットステップができる状態にしてください。

まとめ

フォアハンドストロークを安定させるコツについて説明してきました。

  1. スプリットステップをする
  2. ボールに対して軸足を決める
  3. 体を回転させ、左肩をグッと入れる
  4. 股関節を一瞬入れる
  5. ボールに合わせてスイング

正直、どれが抜けてもだめだと思います。

手出しから始めて、じっくり自分のものにしていきましょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク