フォアハンドが安定しなくなることって多々ありませんか?

ここでは、フォアハンドが崩れてしまう原因~安定させる方法までを解説します。

不安定になりがちな方、初級者の方は必見です。

スポンサーリンク

フォアハンドを安定させるコツはほぼない

フォアハンドは1番最初に覚えられるショットですが、安定させるのも難しいんですよね。

自分のレベルが上がるにつれて、バックの方が安定するという人は多くいます。

もちろんフォアの方が強く打てるのですが、安定感という意味ではバックの方が安定しているということです。

意外にトッププロでもフォアの方が迷走しやすくて、錦織でさえフォアが不調な時が続いていますよね。

手術も関係しているかもしれませんが、フォアが難しいことがわかるいい例です。

ぶっちゃけて言うとフォアにコツなんで存在しません。

1番最初にフォアから覚える時ってなんで覚えられるかわかりますか?

あらゆるショットの中で1番感覚よく打てるショットだからです。

つまりフォアは感覚が第一となるので、コツとかじゃなくてひたすら打っていい感覚を体で覚えていくしかないんですね。

練習あるのみなので、すぐに練習量を増やしていきましょう。

スポンサーリンク



フォアハンドを安定させるコツは2つで十分

フォアのコツはないんですけど、安定させるうえで重要なポイントが2つあります。

これが安定させるためのコツみたいなものなので、絶対に覚えておいてください。

軸足をボールの後ろにセットすること

まずボールをしっかりと迎えてあげるうえで重要なのが、軸足をボールの後ろにセットしてあげることです。

フォアの軸足は利き手側の足で、ボールの後ろにセットできるとバランスがよくなります。

不安定な人はボールの後ろにセットできてないから、打点がズレやすくてバランスも崩れちゃうんですよね。よってスイング崩れていきます。

これでは同じ練習をすることができません。

毎回違うように打っていては、ボールを打った時の感覚が変わってしまい、なかなか安定に結びつかないです。

とは言ってもテニスは毎回違う打点で打つことになるんですけど、足を使ってなるべく同じポイントで打つように努力することが大切です。

どんなにタイミングがズレてもバランスが崩れても、軸足さえボールの後ろにセットすることができれば許容範囲なので、ミスするほど大きくは崩れません。

ジョコビッチやマレーにミスが少ないのも、毎回同じように打つために足を使っているからです。

まずは軸足のセットができているかを見直して、フォアの状態を再度チェックしてみましょう。

非利き手側の肩を入れること

軸足ができているけど安定感にかける場合には、肩の入り具合をチェックしてみてください。

テイクバックの時の非利き手側の体のターンと言ってもいいですね。

目安は顎の下まで肩が回っているかです。

肩の入りが甘いとスイングにパワーが出ないので、だいたいの場合は力負けしてボールをコントロールすることができません。

準備は間に合ってるのに振り遅れることはありませんか?

これも基本的にはスイングに力がないため、当たった後にパワー負けしているケースです。

このパターンの解決方法はシンプルで、肩を深く入れるだけです。

力が伝わるからボールに負けないし、自分の狙ったところにコントロールしやすくなります。

よって、不安定から脱却できると。いった感じですね。

スポンサーリンク



不安定になっても手首やひじは意識するな

不安定になると次の項目を見直してませんか?

  • ひじや手首の角度チェック
  • 素振りをしてスイングをチェック
  • スローモーションでスイングをチェック

これらをチェックしている場合には、不安定から脱却できない場合が多いです。

基本的にはスイングなどには狂はないです。

おかしくなっているとしたら足とか準備の段階ですね。

先ほど説明したコツに関しては、どちらも準備の段階の話で、ここだけはどんなスイングだろうと共通する部分です。

準備がしっかりできていれば、いつも通りスイングできるので心配はいりません。

むしろ小手先とかに気を取られると、視野が狭くなって客観的に見ることができないから、どんどん不安定への負の連鎖にハマっていきます。

よく言われるスランプとかはまさにこれでしょうね。

手首やひじの修正はレベルアップしたい時にして、調子が悪い時には崩れる危険性もあるので、意識せず放置することをおすすめします。

不安定な状態を抜けることができたら、手首やひじもチェックしていきましょう。

関連記事:フォアハンドの手首の正しい使い方を理解しよう!

関連記事:フォアハンドのひじの使い方!初心者から上級者まで共通している

ブランク時の安定への近道は素直に返すこと

時にはテニスができない期間が続いたりすると思います。

週1回のプレーでなかなか安定しなくて悩んでる人も少なくありません。

ブランクの長い短いに関係なく、そんな時には素直にボールを返すことだけを考えましょう。

球種で言うならフラットオンリーでOKです。

スピンプレーヤーだとしてもブランクがあって安定感にかける時には、思い切ってフラット系にしてみましょう。

フラットに打った時にはボールの感触がわかりやすいため、感覚が戻りやすく不安定から抜け出すのが早くなります。

フルスイングでスイングの感覚を戻すという人もいますが、それはある程度真ん中に当たる場合の時だけです。

真ん中にすら当たらない段階では難しいので、少しずつ回転をかけていけるといいですね。

段階を踏んで感覚重視で戻していけば、その日のうちに戻ることも可能なのでおすすめします。

こちら『体がなまった時にできる、すぐに感覚を取り戻す方法!』も感覚を取り戻すための手助けになるのでどうぞ。

スポンサーリンク

よく読まれる記事