【3択から選べ】両手フォアハンドのグリップの持ち方

「両手フォアハンドってどう握ればいんだかわからん」

って人に読んでほしい記事になっています。

両手フォアってあまり見かけないから、誰を参考にしていいかわかりませんよね。

ザックリと簡単に説明しているので、両手フォアハンドのグリップの握り方について覚えてほしいです。

両手フォアハンドのグリップは3択

グリップの握り方は以下の3つです。

  • 両手バックのまま握る
  • 両手バックとは反転させて握る
  • 左手を支点に右手を上下させる

両手バックのままが一番簡単ですが、リーチが短くなりすぎて窮屈になります。

理想としては、両手バックとは反転させて握る方法かなと思います。

両手バックと同じようになるので、あとは練習あるのみかと。

1つ難点として、グリップチェンジに時間がかかりすぎてしまうことでしょうか。

両手とも動かさなくてはいけないので、スピードが速かったりすると間に合わないことも多くなりそうです。

どうしても間に合わないことが多いなら、左手を支点に右手を上下させる方法をとりましょう。

フォアにきたら左手の上を持って、バックにきたら左手の下を持つ。

この方法だとグリップチェンジも簡単で、間に合わないことはないんじゃないかと思います。

何点はグリップの長さですね。

こぶし3つ分の長さを確保しないといけないですが、そんなグリップが長いラケットはありません。

グリップテープをフレームまで巻くしかなさそうです。

その他はバックの時に右手が長く持てるような位置で左手を持つとか。

要するにバックで右手は親指、人差し指、中指の3本しか使わないってことです。

まとめ

本当に簡単な説明になってしまいました。

グリップの持ち方は以下の3つ。

  • 両手バックのまま握る
  • 両手バックとは反転させて握る
  • 左手を支点に右手を上下させる

より上級クラスではグリップチェンジの時間がないので、左手を支点に右手を上下させる方法をおすすめします。

YouTubeを更新しました。不定期の更新になりますので、チャンネル登録及び通知をONにしていただけると嬉しいです。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめぼぶのテニスTV