「高い打点でパワフルなボレーができない!決まらない!」

チャンスボールをボレーする時に、このように思ったことはありませんか?

ボールが浮いてきているのでチャンスと思うかもしれませんが、実は高い打点のボレーは力が入りにくいんですね。

そのため、一撃で決めることができないという方が多いんです。

今回は、高い打点のボレーを一撃で決めるための一つのテクニックを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

手首は使わない

やっぱり高い打点で打てるってなると、ついつい叩きつけたくなるので、手首を使ってしまいがちです。

しかし、ボレーで手首を使うことは絶対にしてはいけないことの一つです。

ボレーは相手のストロークに勢いがある状態で撃つため、ただでさえコントロールが難しいのに、さらに自分から難しくしているようなものです。

では、どのようにしたら手首を使わずにパワフルに一撃で決めることができるボレーが打てるのでしょうか。

握りを厚くする

力が入りにくいなら、いっそ握り方を厚くしよう!というのが今回の考え方です。

握りを厚くすれば、手首を使わずにボールを叩きつけることができます。

こんな提案をしたら疑問を持つ方もいるでしょう。ボレーは感覚が大事なんじゃないの?って。

ボレーは感覚がものすごく大事とされているショットで、持ち方が数ミリ変わるだけで不安定なボレーになってしまうんですね 。

そのため、私自身はやらないし、あまりおすすめもしたくありません。

ボレーは何よりも安定感を考えてるからです。

しかし、チャンスボールを一撃で決められないというのもまた問題で、今までで一撃で決めることができたボールは何十回何百回とあるでしょう。

それを決められることができないということは、チャンスを逃しているのと同じことです。

力がなくてパワフルなボレーができなくても、オープンスペースを狙えば十分一撃で決めることはできます。

ただ、ボレーでしっかりコントロールすることは簡単なことではありません。

だからこそ今回はこんな提案をしているんです。

もちろん感覚の面ではリスクはともないますので注意も必要です。

注意点としては曲をつけないこと。高い打点のみ厚い握りに変えること。

それが守れるならこの方法はすごくおすすめです。決められるだけにクセになってほしくはないですから。

シングルスなら自己責任なので誰も文句は言いませんが、ダブルスだとポイントを取れないのは致命的ですからね・・・

まとめ

高い打点のボレーを一撃で決める方法として、厚く握ることを提案させていただきました。

ボレーで力強く打つのは難しいので、これは1撃で決めることができないと悩んでいる方限定のやり方です。

この方法もテクニックのひとつで、向いている向いていないがあると思いますが 、それを見極めるためにも一度やってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれる記事