フォアハンドのひじは伸ばすの?曲げるの?って質問は永久不滅なんでしょうか(笑)

結構前からよく聞かれることなので説明します。

スポンサーリンク

ひじはそんなに重要なポイントではない

ひじは実際そこまで気にする必要はありません。

たしかに周りと比べてみたり、好きなプロ選手と比較してみてしまうこともあるでしょうが、フォームは人それぞれ違います。

プロだって全く同じ人なんて、ほぼいないですからね。

雑誌の連続写真を見て真似したりする人も結構いるかと思いますが、ひじという1つのポイントだけで見ると、そこまで重要ではないのでどちらでもOKです。

ひじをそんなに気にしなくていい理由

ひじを気にするな!って言っても納得できない!って人もいるでしょう。

ちゃんと理由があるので、まずは理由を聞いてから。

1.意識しすぎると運動連鎖がなくなる

テニスでは1番大事かもしれない運動連鎖。

ひじばかりに意識が意識がいくと、足から伝わってくるエネルギーを阻害しかねません。

最終的には「手打ち」ということになります。

他の部分をしっかり意識してスイングできる場合には、余裕があるってことでひじも意識したいところですが、多くの場合はひじは気にせずに打つことをおすすめします。

2.自然とラケットを出した時の形で十分

試しに体を回してスイングしてみてください。

その時にラケット面はどこを向いているでしょうか?

相手方向にまっすぐ向いているなら、ひじの角度を変えるとかしなくて大丈夫です。

打点にラケットを残したままひじを曲げたり伸ばしたりするとわかりますが、ラケット面の向きが変わりますよね。

これも感覚の部分なんで、1度固定されると変えるのは難しくなります。

そのため、体を回した時にラケット面の向きがインパクトでどこを向いてるかが重要で、ひじはそんなに重要ではないんですよ。

スポンサーリンク



ひじはパワーによって決めてもOK

とは言っても、ひじを曲げた方がいい人、伸ばした方がいい人ってのはやはりいます。

そこで1つに目安にしてほしいのが「パワー」。

パワーというと、ボールの威力を想像しやすいですが、実はコントロールするにもパワーが必要になります。

ひじを伸ばした方がいい人

遠心力を利用したい人

遠心力を使ってパワーを補いたいという人は、ひじを伸ばした方が打点が遠くなるので、スイングの弧が大きくなりパワーを出しやすくなります。

スイングの弧が大きくなるということで、走りまわされても少し遠いいボールでも難易度はそこまで高くありません。

運動連鎖がうまい人

運動連鎖がうまいと、体は拘束で回転するためスイングスピードが速くなります。ということは遠心力を使ったほうが効率的なんですね。

しかし体幹がブレブレだと運動連鎖ができなくなったり、スイングスピードを制御できなくなるため、ボールをふかすことは多くなります。

ひじを曲げた方がいい人

腕力に自信がある人

腕力があれば、遠心力のパワーは必要ないくらいのストロークが打てるので、ひじを曲げていてもOK!

スイングが小さいと相手のパワーに負けるため、コントロール面で難しくなるんですけど、腕力があると負けないからいいですよね。

ただし、疲れると後半戦でストロークの威力や制度が下がることが問題。

スピンをかけたい人

スピン量を多くかけたいという人は、ひじを曲げることでスイングスピードをあげましょう。

スイングの弧が小さくなる分、威力は出ませんがスピンはめちゃくちゃかかります。

ひじを伸ばしてもかけることはできますが、相当のスイングスピードが必要になるので難しいです。

ナダルとか想像するとわかりやすいですが、スイングスピードが速いですよね。

スピン量がすごい選手でいうと、ティームやソックですが、2人ともひじを結構曲げて打っているので、ひじを曲げた方がスピンを打つのに適しているということがわかります。

ひじについては難しいから1番後回し

結局ひじに関しては人それぞれということで、一概に決めてはいけないんですね。

先ほど説明したパワーで決めるとするなら、参考にしてもらえればある程度決まってくるとは思いますが、正直考える必要はないでしょう。

多くの場合、小手先のことに気が向いてしまって、走らされた時の足の使い方とかを学んでないから、思いどおりに打てなくなることが多いです。

まずはひじのことは放っておいて、スイングの元になる足や体幹部分がしっかりしてきたら、じっくりひじの角度を調整していったらいいと思います。

スポンサーリンク

よく読まれる記事