1週間や2週間という少しの休養をはさんだ時の方が「なんかテニスがうまくなってる!」と思うことはありませんか?

巷では「放置効果」とか言われていたりします。

放置する効果がどこにあるっちゅうねん!ということで放置効果については

スポンサーリンク

久しぶりだとうまく打てるのは錯覚

久しぶりだと下手に決まっている

久しぶりの練習だからってうまくなるとは考えにくいです。

もし科学的にそれと証明されてしまったら、もう誰も毎日しっかりと練習しなくなりますよ。コート貸し切り状態です。

それに週1でしか練習できなくて「テニスがしたいよ~」と悩んでるみなさんが最強になるし、悩みも一気に飛んでいくことでしょう。

現在はそれとは全く逆です。久しぶりに打てているのは幻想でしかありません。

想像以上の出来から勘違いしている

テニスって感覚のスポーツとは言うものの、厚一定期間以上続けていれば体は動きを覚えているものです。

自分の実力が曖昧なので、ボールを打った時の感覚でしか調子が測れないんです。

久しぶりに打ったボールは新鮮で強く打てていることから、想像以上に打つことができているのに対して勘違いをしていることです。

強くなることを目標にしている人にとっては邪魔でしかありませんが、たまに打っていて楽しいくらいなら勘違いしているくらいでいいですね(笑)

技術面は練習量に比例する

結局のところうまくならない理由としては、技術面=練習量だからなんですよ。

中にはこの方程式を打ち破るような逸材もいますが、どれだけ成長曲線が高くても比例はします。

この成長曲線を一気に上げるには練習量をこなすしか方法がありません。

メンタル面はリラックスしている

テニスはメンタルのスポーツと言われる時があるけれど、この時ほど考えさせられる瞬間はないですね。

久しぶりの練習ならyてなくて当然だから、プレッシャーがまったくなくなる。

そのため、スーパーショットとかは無理でも、少し無理進くらいのショットがバンバン入ってくるんですよね。ほぼゾーンに近いような。

この時ほど怖いメンタルってなかなかないですよね。ある意味開き直ってるのかな?

打てないことを承知でプレーするもんだから、リラックス度は高くてスイングがスムーズになってるんですよね。

うまく打てる感覚が得られる1番の要因かもしれません。

スポンサーリンク



放置してうまくいく人のパターン

放置してうまくいくパターンも0ではありません。

テニスの熟練者

熟練者の場合は放置と言っても、放置という領域じゃないんですよね。

10年以上も同じ動作を繰り返していると体が動きを記憶してるため、練習できなかったとしても普通に打てたりします。

「マッスルメモリー」という言葉を聞いたことがありますか?

筋トレをしている方は1度くらい耳にしていると思いますが、筋肉を使わなかったとしてもその時の状態を記憶していることを言います。

これは主に筋トレに使われる用語ですが、筋肉が動きを記憶しているという点からしたらテニスも同じです。

10年以上の経験は筋肉が覚えているため、比較的元の状態に戻りやすいんですよね。

1~2週間とか休んだとしてもマッスルメモリーが働くので、放置しても技術面の衰えはそれほど感じないことも多いです。

ただ、年単位での放置はさすがに無理です。。

休養が少なすぎる人

休養が少なすぎる人も、疲労回復という観点ではうまくなる可能性が高いです。

毎日のように練習していると練習に対する耐性がついてくるため、疲れを感じなくなってくるケースがあります。

もちろん体力が向上しているのは確かなんですが、疲労困憊の状態で練習している方も少なくないんですよね。

体つくりのために追い込んでいる時ならいいんですけど、追い込みっぱなしは体によくありません。

そんな状態の時に休養として1週間くらいテニスから離れてみると、体が復活しても休む前よりうまくなってることはあります。

スポンサーリンク



放置してもうまくならないので練習あるのみ!

1つ確かなことは放置してもうまくならないこと。これは絶対です。

練習なしでは強くなりません

練習なしでは強くなりません。練習は絶対裏切りません。

強くなりたいと思っていてなれない人のほとんどは、練習じゃなくて自分が裏切ってるだけなんですよね。

ただ練習に取り組んでいる、練習日にしか練習をしていない、など。

自分で練習日を作って、練習しない日でもテニス以外のことでトレーニングができます。

とはいえ、まずはテニスをすることが大事なので、放置しても下手にならないからと安心している暇があるなら練習しましょう。

うまく打てるのは感覚によるもの

うまく打てる気になっているのは感覚によるものです。

テニスも毎日やっていればマンネリ化するので、感覚の部分でも少し気持ち悪くなる時もあるでしょう。

放置するとマンネリ化を少し解消することができるため、気持ちよく打てることがあるんですよね。

新しいラケットや使ったことのないラケットだと、気持ちよく打てたりすることってあると思うんですが、それが似たような感覚になります。

感覚的に新鮮な気持ちになるだけなので、決してうまく打ててるわけではないことは忘れないでください。

毎日練習する必要もない

練習あるのみ!とか言っといてなんですが、毎日練習することもないんですよね。逆のことを言ってすみません。

強くなりたいという気持ちが焦りになって空回りすることもあるでしょう。そんな時は練習しなくていいです。

心と体はつながっているので、その状態でやっても練習効率が悪いです。むしろ下手になるかも。。

放置してうまくなった気でいることが良くないだけであって、毎日練習しなくても強くなることはできるので、焦らないで練習していきましょう。

関連記事:10000時間やれば強くなれる理由【達成できる人は少数です】

スポンサーリンク

よく読まれる記事