ジャグリングをすればテニスは上達する!

こんなことを言われて「そんなわけないでしょ!そんなんで上達するかよ!」って思う人も多いでしょう。

いっけんテニスに関係ないジャグリングですが、私はジャグリングを練習に取り入れてから急激に上達しました。

なぜジャグリングとテニスが関係しているのか?上達に関係あるのか?というところを説明したいと思います。

スポンサーリンク

テニスは全身を使って打つ

あなたの利き手はどっちですか?

打つ時って利き手側に力を入れていると思いますが、それだと上手く打てないことも多いです。

しっかり全身を使って打てていますか?

これで「NO!」と答えた人は今すぐジャグリングを始めてください!

やっぱりテニスだけをしていると、どうしても利き手に力が入りやすく、とくに疲れてくると余計に力みやすくなりますよね。

全身の力を少しずつ使った方が、大きなエネルギーになることがわかっているのに、できない人って結構いるんです。

これは仕方のないことです。日常生活のほとんどが利き手を使っていますからね。

テニスは全身で打つことを心がけてください!

ジャグリングで利き手に頼らなくなる

全身で打つってばかりで、ジャグリングはなんなんだ?ってことになる前に説明します。

ジャグリングの基本って3つのボールを空中で交差させますよね。

これの何がいいかっていうと、右手と左手をバランスよくしなければならないというところ。

どちらかが強くなった時点でジャグリングができなくなります。

何が言いたいかわかりましたか?

利き手の力を抜いて、利き手じゃない側の力をコントロールしなければいけないのです。結局どちらの手も強弱をつけないといけないってこと。

これができるようになると、力のバランスが左右均等になるので、スイングのバランスが良くなるってわけなんです。

バランスが良くなれば、

  • 軸が保てる
  • スイングスピードが上がる
  • 疲れないテニスができる

ざっと挙げましたが、このようなメリットがあります。

私が、1番上達した!と感じたのはバックハンドでした。両手ということもあるため、力のバランスが取れるようになったんでしょう。

次にフォアハンドです。左手を積極的に使えるようになったので、スイングが大きく速く振れるようになりました。

ジャグリングは20秒くらい連続でできるようになれば、もう左右の力加減は極めたも同然です。

まとめ

ジャグリングとテニスの関係がわかっていただけましたか?

ジャグリングは家でできます。また、練習前のアップとしてもできます。目のトレーニングにもなります。雨が降った時にはぜひやりたい練習です。

雨の日に練習ができないのはもったいないので、ぜひ空いた時間にでもジャグリングをしましょう!

YouTubeにジャグリングの動画を上げていますが、まだまだ下手なので頑張ります!!

スポンサーリンク

よく読まれる記事