誰でも1度は壁打ちにお世話になっていると思います。

中には壁打ちが好きで、毎日壁打ちしている猛者も。

壁打ちは絶対に返ってくるので、練習相手にはもってこい!

しかし、サーブに関してはフォームを崩してしまう可能性があるので、その理由を知った上で練習しましょう。

スポンサーリンク

なんでサーブのフォームが崩れる?

壁打ちのいい点であり悪い点とすれば、ネットより向こう側がないこと。

ストロークならまだしも、サーブはサービスラインにおさめなくてはならないため、インかアウトかわかりづらいんですね。

インかアウトかわかれば一本一本修正できるけど、修正したくても見えないんじゃ課題が見つかりづらくて仕方ありません。

これが原因で、テンポよくサーブを打ち続けてしまうのが落とし穴なんです!

サーブって入る入らないはともかく、当たりがいいと気持ちよくないですか?

だから強さだけを求めてどんどん強く打ちたくなっちゃうんですよね。

これも落とし穴で、強く打つためにクイックサーブみたいにトスも低くなってきてしまうんです。

いったい何個落とし穴あるんだよ・・・

私の経験ではこの2つくらいですかね。

壁打ちをした後にコートで打つと、当たりはいいけど入らなくなった!なんてことがあるでしょう。

これ完全に壁打ちの落とし穴ですよ!

私も何度も経験していて、最初のうちは全然気づかなかったけど、そりゃあ何回も失敗してれば学習します。遅かったけどね・・・

厚い当たりを覚えるためなら壁打ちは絶好の練習相手。肩を温めるためだけにやるのもいい。

ただ安定感を重視している人はやめといた方がいいでしょうね、間違いなく。

トスが低くなっていいこともあった

私は、太陽が眩しい時のサーブが苦手で、人一倍入らなくなるんですよね。

それでトスが少しでも低くなれば、太陽の影響を最小限に済ませることができると思って、あえて壁打ちでサーブ練習をやりました。

案の定トスは低くなったし、タイミングもバッチリ!!

これコートでやろうと思ったら、タイミング合わせるまでかなり時間がかかっていたと思います。サーブのフォームを改善させるときは時間がかかるので、絶対こんな簡単にいかなかった。

サーブのトスが高すぎて困っている人なんかは、いい対策になるんじゃないかな。

まとめ

サーブのフォームを崩したくない人は、真剣に壁打ちで打たないこと。

逆にサーブを改善したいと思ってる人は壁打ちを活用するのはいいかも。

どちらにせよ壁打ちでのサーブ練習はフォームになにかしらの影響があることはたしかです。

結局は自分の意識しだいというところもあるため、目標をもってできない方は控えましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事