テニスに筋肉は必要?【筋トレ嫌い必見】

筋トレがつらい。。。

と思う人は多くいます。

「そもそもテニスに筋肉は必要なの?」という疑問が湧いてきますよね。

筋トレは嫌いだけど、テニスのためならと頑張る人も多くいます。

筋肉が必要ないなら、頑張って筋トレをしなくてもいいので、もっとテニスを楽しくできる人も多いんじゃないでしょうか。

この記事を読むことでわかるのは以下です。

  • 筋トレは必要か?
  • テニスは筋肉なくても強くなれるのか?

筋肉に対する細かい知識はいらないけど、スポーツということでザックリは知っておく必要があります。

テニスは筋肉がなくても強くなれる

普通にやる程度なら筋肉がなくても十分にテニスをすることはできます。

強くなることが目的としても、筋肉はそこまで必要ではありません。

その理由としては、小学生でもテニスができるし、強い選手は強いからです。

小学生と言うと、いくら筋トレをしていても筋肉のつく量には限界があるし、強くするにも限界があります。

でも強い選手はそれなりのパフォーマンスでプレーしていますよね。

もう一つ理由を挙げるとすれば女子です。

男子と比べると、さすがに筋力面では劣るにもかかわらず、すごいストロークを打つ選手がいます。

どう見たって細いし、力負けしそうなフィジカルなのに、見かけによらずパワフルな選手はいますよね。

この2つの結果から、筋肉がなくても強くなることができると言えます。

テニスで鍛えられる筋肉で十分

ぶっちゃけ、筋トレなどに頼らずとも、テニスをしていて自然についていく筋肉だけで十分に鍛えることはできます。

むしろテニスでついた筋肉こそ本当に必要な筋肉なので、無駄な筋肉がつかないくていいと思います。

小学生や中学生では、ウエイトを使ったトレーニングに制限がかかるので、多くのトレーニングはできません。

しかし、全国レベルで活躍する選手、身体は小さくても圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる選手がいることは事実です。

これは、今ある筋肉のほとんどが筋トレで手に入れたものではないことの証明になると思います。

筋トレをやっているだけではテニスは上達しないので、まずはテニスの練習量で自然に筋肉をつけていけられれば十分でしょう。

一定レベルを超えたいなら筋肉は必要

筋肉がなくても、ある程度のパフォーマンスができるので、必要と思わない選手は多くいます。

しかし、テニスだけでつく筋肉には限界があることも知っていてほしいです。

まず土台となるのはフィジカル面。身体のレベルこそがテニスのレベルを決めると言ってもおかしくはありません。

テニスで強くなりたければ筋肉は絶対に必要だからです。

テニス選手の筋肉についてはこちらを参考にしてください↓

もし筋トレをしていないなら、あなたのテニスもレベルが止まっているはずです。

理由は自分の筋肉にできるパフォーマンス以上は期待できないから。

例えばナダルの体を手に入れたとします。めちゃくちゃ強いストロークが打てそうな気がしませんか?

男女差、年齢別といったカテゴリーがあるのも、筋肉が関係しているのも一つの証拠です。

テニスのレベルが停滞しているなら、それは今の体でできることがそれ以上にないからです。

もっと反復練習して筋肉がついていくのをじっと待つしか方法はありません。

そこで筋トレができるなら、筋肉が鍛えられるスピードが速くなるため、テニスのパフォーマンスアップにもつながるというわけです。

必要な筋肉だけを鍛えることが重要

筋肉がある=テニスが強いとなってしまうとそれはおかしな話です。

筋肉があるのが強ければ、ボディビルダーが最強になってしまします。

テニスに限って言えば、ボディビルダーみたいに満遍なく鍛えるのではなく、必要な筋肉だけを鍛えることが重要なことがわかりますよね。

一つ例をあげてみると、テニス選手にとって胸筋はスイングの邪魔になるのでメインには鍛えません。

でも胸筋がある選手は多いです。

なぜかというと、胸筋もスイングの加速には必要だからです。

ありすぎてもダメだし、なくてもダメ。つまり必要な分だけのトレーニングをすることが重要になります。

まとめ

テニスは必ずしも筋肉が必要であるわけではありません。

目的や目標によっては、テニス以外でもトレーニングで補う必要はあります。

まずは自分がどのレベルを目指してるか、を決めるのが最優先になるでしょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク