今自分は無駄な練習をしてないか?と思うことってありますよね。

ここでは、無駄な練習への考え方と自信を持って練習するための方法を説明します。

スポンサーリンク

無駄な練習はない

無駄な練習はないので安心してください。

無駄な練習の定義とは?

まずは始めに、無駄な練習ってなんでしょうか?

無駄な練習の定義ってないんですよね。何をもって無駄だと決めつけているのか。。

それが無駄って決めつけてるのは自分自身で、誰かが決めてるわけじゃないんですよね。

誰かが決めているとしたらそれは謎で、勝手に決めつけるな!って感じです。

1つだけ言えるのは、自分で無駄だと決めつけるのはやめましょう。

無駄だと思うのは練習内容に自信がないから

無駄だと思うのは、その練習に対して自信がなく、練習に真剣になれてないからです。

ここは難しい問題ですよね。すでに疑問に思っちゃってる時点で、成果がない限り気持ちを変えるのは大変ですからね。

まずできることは練習内容を変えてみることです。練習メニューはたくさんあるから、いくつもやってみることが大切ですね。

練習メニューにマンネリ化しないことはモチベーションを保つうえでも大切であり、新しい刺激を得ることは上達に直結しやすいですから。

普段やらないことなら何でもいいです。一見意味がなさそうでも違う角度から刺激を与えることができるのでOK!

わからない方は「テニス大人数対応ドリル (身になる練習法) [ 石井弘樹 ]」という練習メニューの本もあるので参考にしてみてください。

頭を使えば無駄な練習はなくなる

一見意味がないような練習ってたくさんあるんですよね。

でも、こう思うのって思考停止している状態だからです。頭が勝手に判断してるだけなんです。

どんな練習にも長所と短所があって、たぶん短所しか見れてないんでしょうね。

ミニテニス1つとってもそうなんですけど、回転量・テンポ・高さ・タッチ、必要ならフォームまで、できることはたくさんあります。

ですが、ミニテニスに対しての印象はこうです。

  • ウォームアップ
  • ロングまでの流れ

とか。

ミニテニスが重要な役割をしてるなんて、ほとんどの人が考えてないことです。

「この練習では、どんな能力が鍛えられるか?」を常に考えながらやると無駄な練習はなくなるし、意識的にも上達しやすい状態になります。

ダメなのは同じことばかりを練習している状態ですね。

同じことばかりをやらずにバランスよく練習していきましょう。

スポンサーリンク



自信をもって練習するための考え方

練習をする以上、自信も持つことは何よりも大切です。

圧倒的な練習量をこなす

自信を持って練習するためには、圧倒的な練習量をこなしていきましょう。

練習量が多くなれば、それだけ上達することが早くなるため、無駄だと思うことも少なくなります。

それに膨大な練習量は、充実感で無駄だと考えることはなくなります。

練習量が増えるとメンタルにもいい影響が出てくるため、そのまま自信になるということも珍しくありません。

無駄な練習だとしても圧倒的に練習をこなしましょう。

練習環境を変えてみる

どうしても練習に自信を持って取り組むことができないという場合には、思い切って練習環境を変えるのも手です。

テニススクールにいけば、うまくなれる練習、楽しい練習をコーチたちが準備してくれています。

  • どんな練習をしているのか?
  • コーチの指導は的確か?

などがわかります。

練習内容が一緒なら疑う余地はないですね。

それにやってきた練習で得ることができる能力を説明していれば、間違いじゃなかったことの証明になりますよね。

練習環境を変えるのは簡単じゃないけど、もし悩んでいるならすぐにでも変えてみるべきです。

無駄だと思う前に練習しまくれ

無駄だと思ってもそれをやりましょう。絶対メリットは隠されているはずです。

練習しまくれば無駄かどうかの前に、自分にとって必要かどうかも分かるようになってきます。

ダメなのは、同じ練習を1度に必要以上やること。

サーブはすごく大事なショットだけど、サーブだけを2時間やってもバランス悪いですよね。

もちろんそういう時も必要なんですけど、基本的には全部のショットをバランスよくやっていきたいです。

無駄と思う練習のメリットを見つけて、ポジティブに練習しまくりましょう。

関連記事:10000時間やれば強くなれる理由【達成できる人は少数です】

スポンサーリンク

よく読まれる記事