「よっしゃ!プロみたいなスピンをかけたいからポリを使おう!」

↑のような人いませんか?

意気込みは素晴らしいし、みんなプロに憧れてる部分は少なからずあるから、お手本には最適なんですよね。

でもそこには落とし穴もあるんですよ!

なんでポリエステルを使っているのにスピンがかからないと上達が大幅に遅れてしまうのか、これは結構多くの人が当てはまるので、ぜひ参考にしてほしいです。

スポンサーリンク

スピンがかからない人はスイングスピードに問題がある

スピンがかからないという人は、単にスイングスピードが遅いからという可能性があります。

スイングスピードが速い人だったら、どんなガットを使おうと、たとえ10年前から張りっぱなしのガットだろうとスピンをかけることができます。

スピードとかを考えず、スピンだけを考えたらね。

でもスイングスピードはそう簡単に速くはなりません。

体の使い方をしっかりと覚えなければ力はスイングに伝わらないし、たとえ腕の力で補えたとしても、効率が悪く、相当な筋力がなくては連続では打てないでしょう。

いっそスピンは諦めた方が賢明だと私は思います。

スピンが打てなくても試合は勝てるし、いいストロークだって打てます。

「もっとテニスを極めたいからスピンが打てるようになりたいんだ!」

このように思ってるなら、ポリエステルを諦めてください。

ナイロンにすれば簡単にスピンがかかる

スピンがどうしても諦めきれないなら、いっそナイロンにしてみるというのはいかがですか?

ポリエステルでスピンがかけられないのは打ち方もありますが、単純にスイングスピードが遅いということ。

スイングスピードが遅いとポリエステルではスピンがかけられませんが、ナイロンならかけられます。

これはボールとの接触時間によるもので、固いポリエステルではすぐに離れてしまいますが、柔らかいナイロンなら 1度ボールを乗せてから打てるため、スピンをかけることが可能になるって仕組みです。

ほとんどのプロはポリエステルを使っていると思いますが、それはスイングスピードが速いことが理由の1つ。

真似するのは人それぞれですが、目的とガットの特徴を考えることを忘れないでほしいです。

まとめ

上達が遅くなるといいましたが、それは自分に合ったガットを使っていないからという意味で、焦る必要はありません。

何度も反復練習をしていれば、そのうちスイングスピードも速くなってくると思うので、そしたらポリエステルにしましょう。

その方が何倍も上達が早くなりますからね。

こちらもどうぞ⇒ポリエステルガットと手打ちには深い関係があった

スポンサーリンク

よく読まれる記事