「スマッシュを打つ時はラケットを担ぐ」

そんなことを言われたことはありませんか?

活魚と言われたから担いでみたものの実際何のためにラケットを担いでいるのか分からないという方が多いんですね。

ラケット担ぐことによってどんなメリットがあるか考えたことはありますか。

ラケットを稼ぐことによって得られるメリットは大きく二つではひとつずつ順を追って説明したいと思います。

スポンサーリンク

ひじが上がることでスマッシュが打ちやすくなる

スマッシュはサーブ以外で唯一ラケットを縦にスイングショットですよね。

それもサーブとは違って、自分のペースで打てるわけではないというのが特徴。

そのため、うまく打てないという方も結構いるんですね。

うまく打てない理由はひじが上がらないからで、ひじを上げるのが間に合っていないというのがミスヒットの原因であり、まともにスイングできない原因でもあります。

これの対処として、「ラケットを担ぐ」というふうに表現されているんです。

ラケットを担いでいれば、すでにひじは肩の高さにセットされているので、間に合わないことも少なくなるって原理なんですね。

ということで、1つ目はひじの高さの確保でした。

体のひねりをサポートしてくれる

もう1つは体のひねりです。

スマッシュを打つ際には、体をひねって横を向きたいのですが、これもできないという方は多く、正面を向いたまま構えてるんですね。

そんなときにもラケットを担ぐのは使えて、ラケットを担ごうとすると少し体がひねることができます。

肩甲骨が動けばそれにつられて体も回るので、普段ひねることができない方にとっては重要なサポートをしてくれるんですね。

まとめ

ラケットを担ぐとスマッシュが打ちやすくなるについての説明でしたが、なんで担ぐと楽に打てるかわかっていただけましたか?

毎回スマッシュで当たりそこないをしてしまう、という方はぜひやってみてください。

慣れてきたら自分オリジナルのフォームにしてもひじが上がるクセがついてくると思います。

あとこれは、サーブにも使えるのでサーブが苦手な方はやってみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事