【超重要】ラリーだけで上手くなりたいなら圧力をかけ続けよう

ラリーをするとき、ただなんとなくで打っていませんか?

それだとラリーはうまくなると思いますが、試合だとうまくいかないかもしれません。

ラリーはうまいのに試合だとダメになる人いますよね。

ウォーミングアップでラリーをするだけだとしても、少しでいいから上手くなるように練習したいと思いませんか?

ラリーでできる方法の1つとして、圧力をかける部分の説明をしていきます。

常に圧力をかけてラリーをする

まずは、参考までに動画を見てください。

圧力をかけているのがわかりますか?

  • 常にスピンをかける
  • スピン量を増やす
  • スライスでボールを浮かす
  • スピードボールを打つ

この辺を意識して練習しました。

意識していることができたら、決めに行って1回切る。という感じの繰り返しですね。

もしアップでこれをやったら相手に文句を言われますが、目標を1つに絞って練習のはアリだと思います。

ただラリーをするにしても、毎回伸びるボールを打てれば圧力になりますよね。

自分なりの方法でいいので、できることで圧力をかけ続けましょう。

ストレートラリーで圧力をかけることの重要性

この動画はオールコートで打っていますが、ストレートラリーだからこそ重要なこともあります。

ストレートだけの展開で、相手を押し切るのってできますか?

圧倒的な実力差があれば、誰でも打ち勝つことはできると思います。

もし同じくらいのレベルだったら難しいですよね。

ラリーをするときって、同じレベルくらいで練習すると思いますので、ストレートだけ打ち負かすことなんてなかなかありません。

あったとしてチャンスボールが来たのを叩いたときとか、前に詰めた時とかでしょう。

ストローク限定で、かつ無理をしない程度で相手を押しのけることはできますか?

なかなか難しいことだと思います。

プロで言うなら、ナダルはスピン量でチャンスボールを作るし、フェデラーはテンポ速く時間を奪うことでチャンスを作ります。

どちらも圧力がかかるラリーですよね。

  • 深さ
  • 重さ
  • スピン
  • テンポの速さ

なんでもいいので、意識して圧力をかけ続けてください。

必ずチャンスボールを引き出すことができます。

そして、これができると試合で重要な場面でも、ミスがなくコースも狙わずにポイントを取ることができます。

まとめ

ラリーだけで上手くなることは可能です。

大切なことは、常に圧力をかけるようにラリーをすること。

ストレートラリーの中で、圧力をかけた結果を感じること。

この2つに集中することで、試合でもリスクを最小限に抑えてポイントがとれるようになるので、ぜひ取り組んでみてください。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【どれを選ぶ?】テニス中継が見れるLIVE配信サービス
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク