【秒でできる】リターンでのグリップチェンジのやり方

グリップチェンジが間に合わない・・・

よくあります。とくにサーブをリターンするときが間に合わないと思います。

グリップチェンジに戸惑ってリターンができないのは非常にもったいないですね。

ただ、初めのうちはグリップチェンジが間に合わなくて当然です。サーブのコースがわかってから1秒もないですもん。

このページを読めば、1秒以内にグリップチェンジすることができるようになり、ゆくゆくはスイング中にできるようになります。

グリップチェンジのやり方~秒でできるまでの工程を説明するので、ぜひ最後まで読んでいってください。

リターン時のグリップチェンジのやり方

グリップチェンジの苦手意識は反復練習をすることでしか解消できません。

そのためには、ただ練習するだけじゃなくて、やり方を覚えるのが最優先。習得がグッと近づきます。

グリップチェンジに関しては、人それぞれというのも少ないので、みなさん共通してる部分として覚えてほしいですね。

グリップチェンジのやり方は以下のステップです。

  1. 右手はフォア、左手はバック
  2. 上半身のひねってる間にグリップチェンジ
  3. 股関節を入れてる間にグリップチェンジ

この3ステップをやっていただきたいと思います。

グリップチェンジだけじゃなくて、体全体もセットで考えていきましょう。

1.右手はフォア、左手はバック

まずはラケットを持ちましょう。右手はフォアで持ち、左手はバックです。

リターンは時間がないですからね。右手左手にそれぞれ役割をもって構えてください。

フォアにきたら、左手を離してテイクバック。バックにきたら右手を握りを変えてテイクバックします。

これだけでグリップチェンジは終わりです。思ったよりも簡単でしたか?

「右手の人差し指が邪魔で左手が握れないよ~」という方は、リターン時のみ右手と左手の感覚を開けてください。

感覚を開けることによってラケットの操作性が高まることにより、リターンできる確率がアップします。

2.上半身のひねってる間にグリップチェンジ

続いては上半身も合わせていきましょう。

先ほどのグリップチェンジを上半身をひねっている間にします。

やってることは難しくないですけど、同時にやるという意味ではちょっと範囲度がアップします。

リターンに関して、上半身を含めた動きはこれだけなんですよね。

グリップチェンジが間に合っていますか?

イメージトレーニングの中でグリップチェンジが間に合ってればOKです。

3.股関節を入れてる間にグリップチェンジ

最後に、上半身のターンに合わせて股関節も入れていきましょう。

実際にサーブがライン付近に入ると、飛びつくための一歩が必要になるので、股関節をいれて準備をすることが大切です。

股関節を入れている間に、上半身をターンさせて、グリップチェンジを終わらせる。

ここまでできますでしょうか?

なかなか全身で動きをいれてとなると難しいと思いますが、この3つの動きができればリターンの形は完成します。

とくにステップ3の股関節を入れる動作は、何回も何回もやらないと身につかないし、1秒以内に飛んでくるサーブに対して準備が間に合わない可能性もあります。

あとは、反復練習やサーブのコースに対する予測力、リターンの準備が必要になってきますが、グリップチェンジまでは完成しているので安心してください。

まとめ

リターンのグリップチェンジについての解説でしたが、理解していただくことはできましたか?

やることは以下の3ステップです。

  1. 右手はフォア、左手はバック
  2. 上半身のひねってる間にグリップチェンジ
  3. 股関節を入れてる間にグリップチェンジ

素振りだけでも準備するスピードはどんどん速くなっていきますので、コートが使えなくても練習していきましょう。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク