【家計簿を公開】3人暮らしの生活費を月15万以下にした方法

毎月の生活費にどれくらいかかっていますか?

我が家では、めでたいことに2ヶ月連続で生活費が15万を切りました。

15万という数字がすごいかどうかはわかりませんが、我が家では嬉しい出来事の1つです。

そんなわけで、3人暮らしでも節約する方法があるので、ぼぶ家がやってきたことを紹介したいと思います。

ぼぶ家の生活費

ぼぶ家の生活費を紹介する前に、平均的な生活費はどれくらいなのか見てからにしましょう。

3人暮らしの生活費の平均


引用:エネチェンジ

1ヵ月の生活費は平均で292,340円です。

このグラフ何回見ても使いすぎだろ!って思ってしまいます(笑)

ぼぶ家の生活費

6月の支出は148,367円でした。ぎりぎり15万切ってます。

これだけ見せてもわかりづらいんで、ザックリとした内訳まで紹介しちゃいます。

  • 家賃・・・52,000円
  • 水道・・・6,740円(2ヶ月分)
  • ガス・・・6,688円
  • 電気・・・2,989円
  • カード引き落とし・・・23,530円
  • 食費・・・12,523円
  • ガソリン・・・12,503円
  • 衣服・美容・・・11,645円
  • 日用品・・・7,114円
  • 保険・・・6,570円
  • 健康・医療・・・3,212円
  • 特別な支出・・・1,573円
  • 趣味・娯楽・・・1,280円

これが約15万の生活費の内容となっています。

ちなみに、カード引き落としはプロテインとサプリです(笑)

なので、まだまだ削っていけるところはありそうなんですが、あまりぎりぎりを突き詰めてもストレスなのでこれくらいが限度かなと。

みなさんの家計簿と比べてどうだったでしょうか。

もちろん共働きで収入が多ければ、節約する必要なんてないかもしれません。

うちは片働きなので、このように工夫してなんとか15万に抑えることができたという感じでした。

3人暮らしでも15万に抑えた方法

1.電気

まずは毎月かかってくる電気料金。うちは楽天でんきに切り替えました。

楽天でんきは楽天ポイントで支払うことができます。

なにかと楽天市場で買い物することが多いので、知らないうちにポイントが貯まってたりするんですよね。

しかも、楽天カードでの支払いでもポイントが貯まるので、どんどん貯まっていきます。

それを楽天でんきの支払いに充てることができるため、ラッキーという感じですね。

月にたった500円でも年間6000円も節約できるので、ぜひ最初に切り替えたいところです。

いろんな電力会社が各家庭に合わせたプランを要しているので、1番いいものに出会えるといいですね。

調べるのが面倒な方はエネナビを利用すると、電力会社をまとめて比較できるのでおすすめです。

2.食費

続いては食費です。注意すべき点は外食の回数とコンビニの利用です。

外食1回につき3000~かかっていくため、週一だとしても月12000円はかかります。

それとコンビニ。近くにあるのはありがたいですが高いです。

やはり自分で作るのが、一番食費を浮かすポイントでしょう。

ここ3ヵ月は食料を買いにコンビニに行ってないので、もうコンビニを利用するクセはなくなりました。

クセが抜けるまでは大変だと思いますが、なるべくスーパーを利用するようにしてください。

3.保険

続いては保険です。

何重にも似たような保険に入っていたら、1つの保険に絞りましょう。

死亡保険などは、志望だけを補償してくれるプランがあるので、そちらで単体で契約したほうが安いです。

保険が難しくてわからない方は↓のようなサービスを利用してもいいと思います。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

1回頑張って手続きすれば、毎月かかってくる保険料はずっと安くて済むので、最初だけ頑張りたいところですね。

まとめ

毎月の生活費を15万に抑える方法について説明しました。

車検とか入ってくると15万に抑えることができなくなってしまうわけですが、そんな時のために日頃から支出を抑えておくとダメージがなくて済みます。

ぜひ上記の節約方法を参考に、自分でもできそうなところから節約してみてください。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク