サーブでトスとスイングのタイミングが合わないの解決法

ボールを打つタイミングが合わない。。

サーブでトスしたボールとスイングが合わないことってありますよね。

大会を見ても、タイミングを合わせるのに苦労してる選手は結構多くいます。

たしかに非利き手側でボールを投げるようなものなので、コントロールだったりとかは難しくなるのは当然のこと。

しかし、いつまでもタイミングが合わなければ、試合で使えるサーブを打つことはできないでしょう。

このページでは、トス上げ方からタイミングの取り方までを解説するので、自信のない方は最後までご覧ください。

タイミングを合わせるためにできる改善策

1.トスの高さを調節する

まずはサーブのタイミングを合わせるために、一番最初に手を付けたいのがトスの高さです。

トスは低すぎてもダメですが、高すぎるのもタイミングが取りづらくてダメです。

理想の高さは打点より30cmくらい高いところがトスの頂点になるのがGOOD。

サーブの球種による変化はなく、どんなサーブを打つ時にも30cm高いところを目安にしましょう。

2.トスと同時にラケットを担ぐ

そしてスイングしていくラケットとのタイミングの合わせ方は、トスを上げるのと同時にラケットも上げることです。

バンザイをするときは両手一緒にあげると思いますが、その要領でトスを上げてみてください。

右腕と左腕に一体感が出て、リズムよくスイングしていけるはずです。

トスの高さが修正できたところに、これをやれば間違いなく強くボールを打てるようになっているでしょう。

毎日やった方がいい練習

トスアップの練習をする

トスアップだけを練習していきましょう。

トスアップはコートにいなくてもできるし、どこでだってできる良い練習です。

このトスが安定しなくては、いつになってもサーブの安定感はないし、スムーズなスイングもできません。

サーブ練習の待ち時間に何気なくトスアップする時とかあると思いますが、その時にもトスの高さには十分に気を配ってやってほしいと思います。

ラケットもセットでトスを上げる

トスの高さがある程度一定にできるようになったら、次はラケットを担ぐ動作と一緒にやっていきます。

トスがなかなか上達しない人の多くは、ただトスする方の腕だけを動かしてトスアップしてるんですよね。

実際に打つ時にはラケットを担ぎ上げる動作も一緒に行うため、練習の時から実際にサーブを打つ時のようにやっていきましょう。

スイングまでできればベストですが、せめてサーブのテイクバック=セットが終了するところまでは一連の動作としてやってください。

まとめ

サーブのタイミングを合わせる方法について解説してきました。

修正点は2つです。

  • トスアップの高さ
  • 両手の一連の動作

この2点を意識してトスを上げると、今よりは気持ちよくサーブが打てるはずです。

YouTubeを更新しました。チャンネル登録で応援してくれると嬉しいです(^^)
↓  ↓  ↓
🎾ぼぶのテニスTV

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめぼぶのテニスTV