小学生の身長を伸ばすための食事術

身長を伸ばすためにはどんな食べ物がいい?

子どもの身長を伸ばすためには、どのような食事をしたらいい?と日々悩みますよね。

食事は1日3食とるわけだし、体が成長するためには材料が必要ということで、食事はより重要であることは言うまでもありません。

では、食事をするうえでどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

このページを読めば、どんな食事をとったら身長を伸ばすことに役立つかがわかるようになります。

身長を伸ばすためにできることはやっておきたい、ということで最後まで読んでいただけると幸いです。

身長を伸ばす栄養

1.カルシウム

1つ目はカルシウムです。骨=カルシウムというイメージ持った人は多いと思います。

カルシウムの役割としては骨を丈夫にすることで、新しく骨を作り上げていくのもカルシウムが関係しています。

よく「牛乳を飲め!!」なんて言われたりしますが、それだけカルシウムが必要だということの表れですね。

しかし、現実には骨を伸ばす役割を持ってるのはカルシウムではありません。

カルシウムが身長を伸ばす助けになるためには、たんぱく質と一緒に摂ることが重要なんです。

2.たんぱく質

2つ目はたんぱく質です。たんぱく質の主な役割は骨を伸ばすことです。

先ほどカルシウムのところでも触れましたが、カルシウムとたんぱく質を一緒に摂ることでそれぞれが効果を発揮します。

たんぱく質が骨を伸ばし、カルシウムが骨を丈夫にする。この一連の流れで骨は成長していきます。

たんぱく質は筋肉をつけるために必要というイメージがあると思いますが、骨の成長のためにも必要ということは忘れないでおきたいですね。

3.ビタミン

3つ目はビタミンです。ビタミンA、B、Cとかいろんな種類がありますが、これらすべてが身長を伸ばすことに関係しています。

なぜビタミンが身長の伸びに関係しているのかと言うと、カルシウムやたんぱく質の吸収力を高めてくれるからです。

どんなに頑張ってカルシウムやたんぱく質を摂ったとしても、体内に吸収されなくては効果を発揮することはできません。

カルシウムやたんぱく質と一緒にビタミンを摂ってあげることが望ましいです。

4.亜鉛

4つ目が亜鉛です。

亜鉛の主な役割は、たんぱく質やDNAをはじめとするさまざまな栄養素を生成することです。

成長ホルモンの材料はたんぱく質なのですが、たんぱく質を成長ホルモンにする役割をしているのが亜鉛ってわけなんですね。

亜鉛が不足していると成長ホルモンの分泌が弱くなってしまうため、超重要視されている栄養です。

身長を伸ばすためにできる食事術

栄養価の高い食材を組み合わせよう

食事で気を付けることは、栄養価の高い食材を選ぶことです。

  • 納豆
  • 牛乳
  • チーズ

などなど。

卵、肉、納豆は万能ですね。上記で紹介した栄養素のほとんどが摂れてしまう優れものです。

大きくなるために炭水化物ばかりを食べるのではなく、栄養価の高い食材を使うことを意識していきましょう。

朝だったらハムチーズトーストや卵焼き。夜だったらステーキや焼き肉といった肉料理がおすすめです。チーズハンバークなんかもGOOD。

飲み物を牛乳にすればカルシウムはOK。なので学校の給食は牛乳なんでしょうね。

とにかく意識すべきは、「たんぱく質とカルシウムは一緒に摂る」ということです。

サプリを役立てよう

「食事で栄養が足りてるか心配」という方はサプリメントで足りない部分を補給しましょう。

とくにビタミン、ミネラルは意識していてもなかなか難しいです。野菜嫌いな子どもは要注意。

ビタミン、ミネラルは体調管理の面でも重要な役割をしているため、もしかしたらたんぱく質やカルシウムよりも大切かもしれません。

食事での摂取に不安がある方は、サプリなら簡単に摂ることができるので利用してください。

どのサプリにもビタミン、ミネラルは配合されていることが多いので、バランスよく配合されてるものを選びましょう。

まとめ

身長を伸ばすための食事について説明しました。

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミン
  • 亜鉛

を意識的に食事ができると効果的です。

食事は簡単ではないですよね。作る方も食べる方も。好き嫌いある子どもはとくに。親も子も根気よくやっていかないといけません。

自信がない方はサプリに頼ることをおすすめします。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク