あなたはどこでガット張りをしていますか?

近くのテニスショップ、あるいはクラブのコーチ、ガット張り機を持っている知り合い

など、張る手段にはさまざまなものがあります。

いったいどこでガットを張るのが正解なのか、参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

ガット張りは人によって出来が違う

ガット張りはやり方さえ間違えなければ張ることはできます。

しかし、ガット張りの技術には差があり、打った時の感覚だったり、飛び具合に大きく関係くるんですね。

あなたは張りたてのガットなのに「感触がよくない!」、「いつもと同じガットを張ったのに飛びが違う」そんなことを思ったことはありませんか?

それは張ってる人の技術の問題かもしれないので、疑ってください。

誰が張っても見た目は同じだけど、張り方には違いがあります。

  • 手を抜いた独自のやり方
  • ガット張りにかける時間

これは人によって違うので、打った感触もまったく違うものになってくるってわけなんです。

スポンサーリンク



どこのガット張りがうまいのか?

今回は3つの選択肢に絞りましょう。

  • テニスショップ
  • クラブのコーチ
  • ガット張り機を持つ知り合い

この中だと、ダントツでテニスショップに軍配が上がります。

もしかしたらクラブのコーチだと思われた方もいるんじゃないでしょうか。

実はクラブのコーチはレッスンなど、教えてことをメインに仕事をしているので、ガット張りをよくやっているかって言われたらNO!です。

知り合いはガットを切る頻度だったり、友達のガットをよく張っているかにもよりますが、コーチと同じかうまい場合が多いです。

コーチが下手だとは言いません。ただ、ガットを張る回数を考えるとこのなってしまうのかな・・・

やっぱりガット張りは回数やることによって技術も良くなるので、回数から見たらテニスショップが1番うまいことになりますね。

たとえバイトだとしても、バイト中はずっとガット張りとにらめっこしているわけですから、そりゃあうまいわけですよ。

あとは張る時間が早いかどうか、手抜きじゃダメですが、早いにこしたことはありません。

結局は張ってもって打つまではわからない

ガット張り機をどこに頼もうか迷ったら、とにかくテニスショップに行けば間違いないです。

やっぱり張った本数だけ上達することは間違いないので、専門のショップに行くというのが第一ですね。

あとは知り合いが安く張ってくれるなら、安さだけにこだわるなら頼ってもいいです。

結局はショップでも、コーチでも、ガット張り機持ちでも、人によっては全然違う出来なんですよね。

そして、その張りに対してもプレーヤーに合う合わないがあるため、結局は張ってもらって打つまではわかりません。

とにかくいろんなところで張ってみて、半年~1年くらいで決められるといいですね。

関連記事:【ショップの選び方】ガットを張りにはお店によってメリットとデメリットがある

スポンサーリンク

よく読まれる記事