ガットの張り替えをしてもらう時にかかってくるお金が、ガット代と張り替え手数料。

ガットの金額はどこもそれほど変わりませんが、手数料はお店によって大きく変わってくる。

なるべくガット以外の部分は節約したいのが本音だと思う。

ガット張り替えにかかる手数料をザッとまとめてみましたので、参考になればと思っております!

スポンサーリンク

ガット張り替え工賃の相場

ガット張り替えにかかるお金の相場は、500〜1500+税というのが基本料金ですね。

すごいですね!これだけ差がある!

料金のツイートがあります。

都心だと一気に値段は上がりますが、田舎とか物価がそんなに高くないところで、だいたいのところが1000+税でしょう。

1000±500くらいが相場だと覚えておいてください。

オプションで金額が変わる

お店によってですが、ガットを張る際にはさまざまなオプションがあります。

  • クレジットカード払いだと手数料(張り替え工賃)半額
  • お店のポイントカードを見せると半額
  • 前回の張り替えから3ヶ月以内だと割引
  • いくら以上お買い上げで割引
  • 手数料(張り替え工賃)をまとめ買いで割引
  • ロールガットを購入で割引

など。

まだまだいろいろなサービスがあると思いますが、私が確認しているのはこれくらいですね。

これだけでも節約できたらすごく大きい。

持ち込み料の相場は?

ガット張り替えには別料金があって、それが持ち込み料。

外部から持ち込んだガットを張る場合にかかるお金で、相場が2000〜3000+税。

これはネットの普及によって安く買うことができるので、それ対策なのか手数料は高め。

オプションも対象外となることがおおいです。

技術料にしてはすごく高いな〜

って印象ですが、よくよく考えてみれば、

うちの商品を買ってくれたら、安く張りますよ!!

そうなるのが普通ですよね。

ロールガットを安く買ったとしても、技術料が高くついてしまうので、結局はトントンだったり、むしろ高くついてしまうかも・・・

まとめ

ガット張り替え工賃はお店によって差がある。が、オプションを考慮すれば安く済む場合も。

持ち込み料は基本的に高いので、ネットだと安く買えるからって簡単に決めないこと。

テニススクールでも張っているところは多く場所によって異なります。スクールに通っている方は安く済む場合もあるためチェックしときましょう。

張ってもらうショップの料金をしっかり確認してから色々決めるのがいいですね。

関連記事:テニス用品を激安で買う方法を解説【テニス×楽天の相性が良すぎる】

スポンサーリンク

よく読まれる記事