ストローク練習などアップをするときに、コートの真ん中でラリーをしますよね。

これには深い意味があるんですよ!

スポンサーリンク

コントロールする力がつく

真ん中でラリーするのは意外と難しいですよね。

プロは簡単にやっているように見えますが、一般がやるとあんなに面白いようには続きません。

ちなみにこれは私がストローク練習している動画です↓

真ん中に打つと決めているわけではありませんが、まあ全然ラリーが続かないわけですよ。

コントロールが良くなればラリーが長く続くというメリットもあるので、それだけたくさんのボールを打つことができます。

何回もボールを打つことができれば、ボールをコントロールする回数というのも増えるので、いろんな観点からコントロール力が身につくと言えるでしょう。

まず真ん中にコントロールするのは基本の技術なので、コントロール力に欠けるという方は真ん中に打つべきです。

スポンサーリンク



振り回さずにプレッシャーをかける練習になる(戦術が増える)

ストローク戦で勝つためには相手を振り回して・・・それだけじゃありません!

ストローク戦の醍醐味の中にコートを広く使うというのがあるけれど、ストロークが強くなりたいならそれだけじゃいけません。

コントロールで勝つ方法もあるんですけど、技術で勝負することが必要な場面もあります。

たとえば速いストロークでスピードでプレッシャーをかける、スピン量を多くしてタイミングを外す、深いボールを打って攻め込ませないようにする、様々な方法でプレッシャーをかけられます。

プレッシャーをかける方法というのは完全にボールの質によるものなんですよね。

スピードのあるボールとスピンのきいたボールを交互に打つことだって球質の違いによるプレッシャーがかかります。

何でもいんですよね。あえて真ん中で打つことをするといろんな工夫ができるので、戦術を養ってください。

ヒッティングパートナーとしてのレベルが上がる

テニスにはヒッティングパートナーと言って、大会前の調整練習として打ち合ってくれる人が必要になります。

ヒッティングパートナーを務めるには、しっかりとしたストロークが打てる技術はもちろん、真ん中にきっちり返す技術が必要です。

ヒッティングパートナーを必要としているのは、ほとんどの場合大きな大会に出ている選手のみ。

だからこそヒッティングパートナーを受けることができたら、そういった強い選手のボールを受けることができるのです。

滅多にないですよね。選手の方から声をかけてくれるんですよ。

真ん中に打つ技術があると、そういった時にヒッティングパートナーを務められるかもしれません。

そういった意味でも真ん中に返すというのは重要な技術だし、難しいからこそ重宝されます。

スポンサーリンク



試合で相手にミスさせることができる

真ん中に返すとチャンスボールだと思っている人が多くいます。実はチャンスボールではありません。

一言でいうのはすごく難しいことなんですけど、深く返すことができれば相手はミスをします。

振り回すのが得意な相手っていますよね。そういう選手というのは、確実にコースをついて振り回そうとしてくるのですが、真ん中からだと振り回すのは難しいです。

打つ側になった方がわかりやすいですかね。

ストレートに強打をする、ショートクロスにコントロールをする場合と、真ん中からサイドラインぎりぎりを狙うのってどっちが難しいですか?

結局は打つ側にどれだけのコントロールがあるのかということなんですけど、真ん中から決め球を打つのは難しいです。

よくジョコビッチが錦織戦で使っている戦術で、振り回しが得意な錦織だけど、角度がつけにくいから決まらない。ぎりぎり狙ってしまうからミスする。といった状況に陥るんですね。

たぶんジョコビッチvs錦織を見たことがあるという方は、心当たりがあると思います。

錦織選手ですらミスするのだから、一般のプレーヤーがミスしないわけないですよね?

真ん中からポイントをとるのは難しいので、ラリーで真ん中に打ち返す能力を身につけるというのはとても大切なことです。

我慢して真ん中に打つことが重要

ラリー練習をしていると、ついついボールをコースに打ちたくなってしまいますよね。

私もそのクセがあるんですよ。じれったくてすぐ決めたくなる。。。

だけど、真ん中に返すことでたくさんのメリットがあるわけですから、真ん中にしっかり返す練習と、コースに打つ練習をわけて取り組むほうが良さそうですね。

我慢するのは大変ですが、試合では我慢する場面が多いので、我慢強くなるという意味でも、真ん中に返す練習をしていきましょう。

番外編:ヒッティングパートナー

ヒッティングがうまくなると、バイトのような形でお小遣い稼ぎにもなります。

真ん中に打てる技術だけでなく、相手のボールもかなり強いのでそれでも真ん中に返せなければいけません。

私も何度かやらせてもらって、時給にすると1500円くらいだったかな。依頼料金に決まりはありません。

強い相手とテニスができてお小遣い稼ぎになるなんてめちゃくちゃいいですよね。

ヒッティングパートナーとしての技術を選手が気に入ってくれたら、リピートする可能性があるので、すごく重要な技術とも言えます。

プロだってヒッティングパートナーをチームに入れている場合がありますからね。

そんなに頻繁に依頼があるわけではありませんが、真ん中に打てる技術は素晴らしいので、極めておくと良さそうです。

スポンサーリンク

よく読まれる記事