遊びでテニスをやったことはありますか?

ここでは、趣味にテニスがおすすめな理由をお話しします。

まずは興味だけでも持ってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

趣味にテニスはおすすめ案件

テニスを趣味にしている人は多くいるので、おすすめするメリットを2つ紹介します。

1人でもできる

テニスは壁打ちなら1人でできるから、ちょっとした趣味として始められます。

壁打ちをしている人を見たことはありますよね。

あれ意外と面白くて、テニス始めたての初心者の頃はみんな夢中になってやっています。

もちろん初心者じゃなく上級者レベルになっても、相手がいない時には利用している人はいるので、いつになってもできることなんですよね。

しかも壁打ちなら子ども~お年寄りまで自分のペースでできるから、気軽に楽しめるって意味でもテニスはおすすめです。

寿命が長い

テニスの寿命は長いです。

どこのテニスコートに行っても、だいたいお年寄りはプレイしていますね。なんならお年寄りの方がテニス人口多いんじゃないかと思うくらいです。

道具を使う競技は力が弱くなってきても補ってくれるのがいいですよね。

日本では野球やサッカーが圧倒的に人気で競技人口も多いですが、お年寄りでやっているのはあまり見ません。

そう考えると、テニスの寿命は相当長いんじゃないかと思います。

野球やサッカーは投げて蹴る、力が弱くなってくる難しいです。

テニスの場合、私の知る限りではMAX88歳で、普通にネットをはさんでラリーを楽しんでいます。これは継続のたまものですよね。

どれだけのめり込むかに関係なく、同じ趣味を長く続けられるのはとても素晴らしいことなので、ここも注目ポイントです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



頻繁にやると趣味としては少しハードルが上がる

自分のペースでできるテニスも、弱点というか少しハードルが高い部分があるので説明します。

お金がかかるようになる

テニスはやればやるほどお金がかかるスポーツです。どのスポーツもなんですけどテニスは余計にかかります。

主にかかってくるのは、

  • ガット
  • ボール
  • コート

この辺ですかね。

週1程度にやるならそんなにかからないんですけど、頻繁にやるとなると結構負担は大きくなります。

金額でいうと1回に1000円くらいと思っていればいいですね。(ボール、コート込みで)

コートによっても違うし、やる人数によってもバラつきがあるので、最寄りのコートを確認してみてください。

ガットも月に1回交換すとしたら3000~4000円。

週1だと毎月1万あればテニスは楽しむことができます。

あとは頻度によってです。回数×1000円で計算でOK。

頻度が多くなる場合にはスクールとかクラブに入会したほうが安くなる場合もあるので、回数が増えてきたらゆくゆくはそこも検討していきましょう。

月1万を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、頻度が上がると圧倒的に負担が大きくなっていくのは少しハードル高いです。

テニスができる環境が必要

近くにテニスコートがあるかどうか、というものとても重要な問題です。

壁打ちくらいならテニスコートに行かなくてもあるので、そこで代用という形でいいですが、ネットがないと難しいスポーツですね。

野球やサッカーはボールがあれば成り立つので、そこらへんは劣ります。

最寄りのテニスコートの場所も続けるうえでは重要なポイントなので、始める前に下調べが必要ですね。

天気に左右されやすい

これも趣味として続ける上では重要なのですが、まああまり考えなくていいですね。外でやるスポーツなら条件は同じなので。

しかし一度雨が降るとコートが乾くまで使えないというのが難点です。

オムニコート(オーツウェザーコート)という砂入り人工芝なら、基本的には雨が降ろうともテニスをすることができます。

ほとんどの地域ではオムニコートが普及していると思いますが、まだまだクレーやハードしかない地域も多いです。

雨が降ったらやらなければいんですけど、少しの雨や雨の翌日でもやることは多いので、コートの種類もチェックしときましょう。

ケガの危険性がある

テニスはケガのリスクが高いです。

基本どのスポーツでもケガはつきものなんですが、自爆するパターンですよね。

打つことで衝撃によって体はダメージを受けてしまいます。

ケガをしやすい原因としては、

  • ガットの種類
  • ガットのテンション
  • フォーム
  • 筋力

様々な要素があるんですけど、これは始めてみないとわからない部分が多いと思うので、ショップの店員さんやネットで情報収集をしていきましょう。

どの年代でもケガを抱えている人は多いです。サポーターとか見れば一瞬ですよね。

予防の可能性もありますが、過去にケガをしているパターンが多いです。

スポンサーリンク



初心者でもやりやすいスポーツではある

ちょっと始める前にハードルが高い方が目立った説明が多かったんですけど、テニスは初心者が始めやすいスポーツであることは間違いないです。

テニスを楽しんでる人の多くは、学生からとか社会人からが多いですが、40歳50歳でスタートする方も多いです。

しかも、お年寄りのプレーヤーが多いことが理由で、知り合いだからと始める人もいるんですよね。

そのためいつから始めてもいんですよね。

知り合いがいなくても壁打ちからスタートして、上達すれば人の目に入るようになるし、誰かと練習したくもなってきます。

とりあえずテニスを趣味にするポイントとして重要なのは2つ。

  • テニスコートが近くにあるか?
  • 壁打ちをやる環境はあるか?

この2つがクリアできていればいつでも始められます。

できればオムニコートなら天気に関係なくできるので、3つ目のポイントとしてあげてもいいかもしれませんね。

1番のメリットは寿命ですよね。テニスは一生の趣味になります。

関連記事:テニスを始めるときに準備したい4つのアイテムと費用の目安

スポンサーリンク

よく読まれる記事