テクニファイバー ブラックコードを使った感想・レビュー・インプレ

今回は、テクニファイバー ブラックコードのレビューを書きました。

最初にブラックコードを評価しちゃうとこんな感じです↓

  • 打球感:やや柔らかい
  • ボールの飛び:普通
  • ボールスピード:普通
  • スピン性能:とても強い
  • 耐久力:普通

本記事を読むことで、以下のことが分かります。

  • 自分に合っているか
  • 口コミ・評価
  • どんな人に合っているか
  • 最安値のショップはどこか

実際に使ってみて、「テンションはいくつで張ればいいか?」、「どんな人に合っているか」などいろんな疑問の解決策がわかりました。

記事の前半ではスペックやレビューを、後半では口コミや似ているガットについて書いています。

ブラックコードが気になっているという方は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

目次

テクニファイバー ブラックコードのスペック

コントロールスピンの五角形。くいつき感が強く、柔らかい打球感が特徴
選べる3色を用意

引用:テクニファイバー

スペック

スペック
  • カラー : ブラック、ファイア、ライム
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.18㎜、1.24㎜、1.28㎜
  • タイプ : ポリエステル

テクニファイバー ブラックコードを使った感想・レビュー

評価
  • 打球感:やや柔らかい
  • ボールの飛び:普通
  • ボールスピード:普通
  • スピン性能:とても強い
  • 耐久力:普通

打球感について

打球感については、引っ掛かり感が強くて柔らかくホールドする感覚を味わえました。

打球感もボヤけずにはっきりしているので、自分のイメージ通りのボールを打つことができます。

軽めの打球感なので、打ち心地よくてどんどん打ちたくなってきます。

柔らかくてホールド感があると、さらにスピン量を増やせるからいい感じだよ!

回転のかけやすさについて

回転のかけやすさについては、引っ掛かり感とホールド感があって、スピンをかけている感じが伝わってきました。

スピン量もとても多くて、高い軌道のスピンから低めのスピンまで調整がしやすいです。

擦るスピンでも十分にかかりますが、フラット系でひっぱたくスピンも自然とボールが引っかかってくれるので、ベースライン近くで急降下します。

引っ掛かり感は独特な感覚がありますが、これなら初心者でも十分にスピンをかける感覚がわかると思うので、ぜひ使ってほしいです。

引っ掛かり感が強いから、どんなボールを打つ時も自然と回転がかかるよ!

ボールの飛びについて

ボールの飛びについては、飛びすぎず飛ばなすぎずといった感じで気持ちよく打てました。

ただ、柔らかくて意外とたわみ感が強いので、少し抑えめだなと感じる人もいるかもしれません。

そういった場合には、少しテンションを落として軌道を上げて飛距離を出すようにしましょう。

また、ゲージが1.18~1.28まであるので、飛ばない人は細めのゲージを選ぶといいと思います。

ぼぶ的には通常の1.25㎜より細い1.24㎜がおすすめ!

テンション維持性能

テンション維持性能については、特に伸びてる感じはありませんが、切れる時にはボールが抜けてふっ飛んでいきます。

意外とノッチができるのも遅いので、わりとずっと同じような感覚で使うことができます。

これなら週1回のプレーヤーでも調子を崩すことなく、テニスに集中できると思います。

もし心配なら、ノッチが半分くらいできてきたら張り替えるようにするといいのかなと思います。

期間で張り替えるなら2週間くらいが目安になるよ!

テクニファイバー ブラックコードの口コミ・評判

ブラックコードについて、ユーザーはどんなことを感じたのか口コミを集めてみました。

良い口コミ

  • 打球感がソフトでスピンが良くかかる
  • 1.18だとスピードが出て、ライン際で急降下する
  • 叩けば叩くほど打球感が気持ちいい

使うなら1.18㎜か1.24㎜がいいかな!

悪い口コミ

  • ガットが伸びた感じがわかりづらく感覚がいつの間にか変わった
  • テンション50pだと飛ばない

定期的な張り替えと、テンションは45p前後で細ゲージを使ってみよう!

テクニファイバー ブラックコードに似ているガットの紹介

バボラ RPMラフ

柔らかい打球感とホールド感で、スピン性能の高さが似ているRPMラフ。

ボールの潰しやすさも似ていて、スピン量の自由もききやすくて、立体的な展開が得意。

RPMラフの方がたわみが大きいので、もっとスピン量をアップさせやすいメリットがあります。

ただ、テンション維持性能が悪いので、3日程度で張り替えられるならRPMラフもおすすめです。

現実的な張り替え頻度からいうとブラックコードの方が難しくないかな!

ソリンコ ハイパーG

五角形の断面と柔らかい打球感が似ているハイパーG。

ハイパーGはスピン性能、柔らかい打球感、ホールド感、テンション維持性能と総合的に優秀なガットです。

1張り1000円以下とコスパもいいので、コスパを重視する方にはハイパーGがおすすめです。

カラーは派手だけど優秀だよ!

テクニファイバー ブラックコード 4S

やや硬めの打球感とスピン性能の高さを誇るブラックコード4S。

ガットが硬くクセが少ないので、ボールの軌道を調整しやすく深いボールを連発することもできます。

ブラックコードと同様に引っ掛かり感が強く、ハードヒットでも自然とスピンがかかります。

テンション維持性能も少し良くなっていて、硬い打球感が好きならブラックコード4Sはおすすめです。

打球感の好みで選ぶのがいいね!

番外編

スピン系ガットに関してはこちらにまとめてあるので、ぜひチェックしてみてください⇒回転がかけやすい!スピン系ポリエステルガットのおすすめ10選

テクニファイバー ブラックコードはこんな人におすすめ

おすすめしたいプレーヤー
  • 柔らかめの打球感が好きな人
  • ホールド感を重視する人
  • スピン性能を重視する人

さらに重視したければゲージを細くするのがおすすめ!

おすすめできない人

おすすめできないプレーヤー
  • 硬めの打球感が好きな人
  • ボールを楽に飛ばしたい人
  • テンション維持性能を重視する人

ボールスピードも少し出にくいけど、がっつりフラットで打ちにいけば大丈夫だよ!

テクニファイバー ブラックコードの最安値

単張りの最安値

定価・・・2970円

ネット・・・1700円

ちょっと安めの価格!

ロールの最安値

定価・・・41580円

ネット・・・19980円

アミュゼスポーツだと11%OFFクーポンが使えるので、クーポン使用後は17783円。

さらに楽天ポイントが還元されて、実質17000円以下で買うことができます。

半額以下はいつでも買い時!!

テクニファイバー コードのシリーズ

レーザーソフト

  • カラー : ブラック
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.20㎜、1.25㎜、1.30㎜
  • タイプ : ポリエステル

アイスコード

  • カラー : ホワイト
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.20㎜、1.25㎜、1.30㎜
  • タイプ : ポリエステル

レーザーコード

  • カラー : ブルー、カーボン、ホワイト
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.20㎜、1.25㎜、1.30㎜
  • タイプ : ポリエステル

ブラックコード 4S

  • カラー : ブラック
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.20㎜、1.25㎜、1.30㎜
  • タイプ : ポリエステル

ブラックコード

  • カラー : ブラック、ファイア、ライム
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.18㎜、1.24㎜、1.28㎜
  • タイプ : ポリエステル

レッドコード

  • カラー : レッド
  • 長さ : 12m
  • ゲージ : 1.20㎜、1.25㎜、1.30㎜
  • タイプ : ポリエステル

テクニファイバー ブラックコードまとめ

テクニファイバー ブラックコードについてまとめてきました。

柔らかくてホールド感があり、引っ掛かり感が強くスピン性能が優秀なので、ぜひ使ってみてください。

▼単張りの最安値↓

▼ロールの最安値↓

▼テニスラケットのおすすめ記事一覧

▼ラケットに迷ったら参考にしてみて!
【2024年最新が選べる】おすすめのテニスラケット10選

▼YouTubeをチャンネル登録で応援してね!
🎾ぼぶのテニスTV






ぼぶ
ブロガー
こんにちは、ぼぶです。
テニス歴は13年です。
年間300本のガットを張っています。
最高成績は学生の頃、関東大会本戦選手に勝ったことです。市民大会ではオープンクラス優勝経験あり。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次