バックハンドのスライスってあまり使われていないんです。特に高校生など若いプレーヤーほど使わない傾向がありますね。

大人になるとテクニック重視になってくるので、スライスを使う頻度が多くなると思います。

今回は、相手の力を利用したバックハンドのスライスを紹介します。

スポンサーリンク

近年速いテンポになっている

ここ最近では、ラケットの進化などによりストロークのテンポが速くなっているように感じます。

テンポが速いということは、それだけボールが返ってくるタイミングが速くなるということ。時間が足りず、スライスで対応するしかない場面も多くなっていると思います。

速いテンポの中でいかに時間を作れるかも、ストローク戦を制するポイントになりますね。

時間がないのは相手も同じことなので、自分だけだと思わないでください。

ここで1つ大切なことがあります。

あなたはどっちを選択する?

同じ時間がないでも2パターンあります。

  • 自分と相手、どちらも時間がない
  • 自分だけが時間がない

これは自分のポジションによって変わってくるものです。

自分のポジションがベースライン付近なら、テンポが速くなって相手にも時間がなくなります。

自分のポジションが後ろに下がっていると、時間はありますが相手にも時間があるので、打ち込まれてしまいますよね?

結果的にカバーする範囲が広くなってしまうので、時間がなくなってしまうのです。

私だったら、自分だけ時間がないのはつらいので、前で戦いたいですね。逆に相手がポジションを下げるような展開が理想です。

あなたはどちらのパターンを選択しますか?

たぶん、多くの方が前にポジションしたくなると思います。

前にポジションすると、やはり時間に余裕がなくなってしまうんですね。

そのため、スライスをうまく使うことが肝心なのです。

前にポジションをすると、ライジング気味に打つことになるので、相手の力を利用したスライスが打てると楽になります。

力を利用したスライスの打ち方

ひじを支点にスイングする

スライスの基本は、肩を支点にしてスイングします。

しかし、速いテンポでボールを打つとなると、スイングしにくいスライスでは振り遅れてしまうことがあります。

振り遅れてしまえば自分のスイングができないので、ボールは上に飛んでしまうでしょう。

ここでポイントとなるのがひじを支点にスイングすること。

もちろんテイクバックの段階では肩を支点にスイングしますが、すぐにひじ支点に切り替えましょう。

肩を支点とした大きなスイングをしなくても、ボールの力を利用すれば簡単にいいスライスが打てます。

逆に速いテンポだからこそ、大きなすぎるスイングは禁物なんですね。

コンパクトにというか当てるだけにする

速いテンポの中でスイングしようとすると、間に合わない可能性があります。

そのため、できる限りコンパクトなスイングを心がけましょう。

また、相手の力を利用できるので、振りすぎるとコントロールできずに飛んでいってしまうことも少なくありません。

大げさにいうなら、壁を作って跳ね返すだけでもいいかもしれませんね。

私はとにかくインパクト面を大事にしているので、インパクトの瞬間に止めるようにスイングしています。

これは、速いテンポだからできるスイングです。下がっている時に止めるようにスイングしたら、飛ばなくてチャンスになってしまいます。

スイングを止めたとしても相手の力を使うことができれば、それなりのボールになるので簡単に打つ返すことができるんですね。

まとめ

スライスは球威を出しにくいので、相手の力を使うこと。

また、速いテンポの中でも滞空時間の長いスライスは、時間を作るために効果的なショットです。

ポジションを考えた上で、スライスも選択肢の1つに入れましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事