バックハンドではスピンをかけることが難しく、スピードも出しづらいので深く打つことが大切です。

それも、組み立ての基本となるのがクロスなので、浅くならずに有利に展開したいですよね。

今回は、クロスに深く打つポイントを紹介します。

スポンサーリンク

よくある悪い例、コースが中途半端になる

バックハンドでクロスに打つのって結構難しいですよね。

クロスに打っているつもりが、中途半端にセンターに返ってしまい、回り込まれて逆襲されるなど、よくあると思います。

バックハンドはスイングの自由がきかないことから、コントロールするのが難しく、深く返すにはそれなりにパワーを出さなければ飛びません。

クロスに打つだけでもバックハンドでは、ちょっとした技術を身につける必要があるんです。

打ち方のポイント

上半身を立ててスイング

これは基本中の基本で、上半身が倒れてしまうと体が回転できなくなってしまうので、パワーを伝えられなくなってしまうのです。

クロスは距離が遠いいので、ある程度のパワーな必要になります。スイングの中で1番効率よくエネルギーを作り出せるのが回転運動。

上半身を立ててスイングすれば、回転運動がスムーズに使えるので、ボールを深く打つことができます。

手打ちと言われてしまう人のほとんどが、体が倒れているんですね。

やっぱり体がうまく使えないと、必要なエネルギーを作り出すのが腕になってしまうんです。

そうすると、無理に強く打とうとした結果、手打ちになってしまうんですね。

これは、クセになってしまうとなかなか治らないので、常に意識して取り組みましょう。

クロス方向に体を向ける

クロス方向に打ちやすくするには、打ちたい方向に体を向けるのが1番簡単ですね。

しかし、左側に走っていって、クロス方向というと右側に打たなくてはいけないので、難しいという人も多いです。

それと、普段練習でラリーをする時って、ストレートですよね?

それがクセになっている場合もあります。

ストレートに打つ時と同じようにクロスに打つと、力が入りにくいところでインパクトしなくてはならないので、力が伝わりません。

フォロースルーで腕が縮こまった形になり、大きく取ることができないのです。

インパクトの体の向きはフォロースルーに深く関係しているので、体の向きに気をつけましょう。

スポンサーリンク



軸足である左足で地面を蹴る

先ほどの説明で、クロスに打つには体を回転させることが大切だと言いました。

そこで、体の回転をスムーズにするためのポイントが、軸足で地面を蹴ることです。

ダッシュする時を思い出してみてください。歩く時でもいいですが。

左腕が前に出る時って、必ず左足は地面を蹴って後ろにいっていますよね?

上半身と下半身で逆の動きをすることで、エネルギーが出やすい構造になっているんです。

それと同じで、スイングでも左手が主導となるので、軸足である左足が地面をければ、上半身が回って左腕が出ていきやすくなります。

体を回すというよりは、地面を蹴ることを意識すると、自然に回るので無駄な力が入りにくいでしょう。

まとめ

バックハンドは深く打つことが大切です。

ポイントは、

  • 上半身を立ててスイング
  • クロス方向に体を向ける
  • 軸足である左足で地面を蹴る

深く打てるのは武器なので、攻撃しづらいバックハンドでは深さで攻撃力を出しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事