回転スイングはフォアハンドと同様にバックハンドでも使えます。

今回はバックハンドでさまざまなボールに対しての軸を使って打つ方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

軸を使った両手バックハンド

両手バックハンドは両手でグリップを握っているので、スイングが窮屈になります。

回転スイングとはいっても、フォアハンドほど自由がきかないので、体重移動をしながら、回転させていきます。

>>軸を使った打ち方でストローク力アップ!

高い打点の打ち方

クローズドスタンスで構えて、軸は後ろから前に移動していきます。この時に、軸を少しだけ前側に傾けた状態でスイングしていきます。

なぜ傾けるのか?

両手バックハンドでは、スイングが窮屈になりがちなのと、スイングの軌道が大きく取れないので、スイングスピードがあがりません。

そこで、体を少しだけ倒すようにしてスイングすると、体が回りやすくなってスイングスピードがあがります。

左ひじを高くする

高い打点では、ボールを抑え込みながら打つ必要があります。

ネットより高い位置で打てるので、スピンをかける必要がないからです。

なので、ボールを抑えて打ち込んでいくには、左ひじを高く上げて打つことが大切なんですね。

打った後に回転させる

体を傾けたことで、はじめて回転スイングの準備ができます。

そして、回転に体が負けないように、しっかりと後ろ足を後ろに蹴ります。

低いボールの打ち方

後ろ足のひざを曲げて打つ

フォアハンドでもひざを曲げますが、バックハンドでは、ヘッドが動かしづらいので、よりひざを曲げることが大切です。

腰を低くする

ひざを曲げられない人もいると思いますが、なるべく腰を落として上体が倒れないようにします。

そうすることで、しっかり持ち上げるスイングができます。

スポンサーリンク



深いボールの打ち方

後ろにサイドステップ

やはりニュートラルなボール以外は窮屈になりやすいのが両手バックハンド。

しかし、後ろにサイドステップをしながら、回転スイングをすることで、パワーを伝えることができます。

スタンスを広くとる

サイドステップでよりパワーを出すためには、スタンスを広くとってひざを曲げます。

そうすることで、普通のサイドステップよりも、地面を強く蹴ることができるので、パワー不足の心配がありません。

走らされた時の打ち方

オープンスタンスがおすすめ

走らされた時に、しっかり踏み込んで打とうとすると、体が前のめりになって軸がブレてしまいます。

しかも、オープンスタンスなら、クロスに打つ時も窮屈にならずに、軸を保ちながら打つことができます。

サイドステップを使う

深いボールが来たときと同じで、今度は横にサイドステップしながら打ちます。

やはり、サイドステップをするだけでも、地面を蹴らないとできないステップなので、ボールにパワーを伝えることができます。

まとめ

バックハンドでも軸は大切ですが、フォアハンドほど回転スイングを使うことはできません。

なので、足でどれだけパワーを伝えることができるかが鍵です。

踏み込んで打てるとき以外は、ほとんどサイドステップを使って打てるので、自分のスイングに取り入れてみてください。


当サイトでは、テニスに関する情報を経験をもとに、あなたのテニスに対する悩みを改善できるよう、わかりやすく説明しています。

運営者情報はこちらから


 

スポンサーリンク

よく読まれる記事