スライスと言えば、守る時に使うイメージがありませんか?

厳密にはスライスには種類があって攻めと守りのどっちでも使うことができます。

今回は、バックハンドのスライスについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スライスの種類

私は以前まで、守る時にだけにスライスを使っていました。

初期のころにはバックハンドが打てずスライスでごまかしてた時期もありました。

あなたはスライスにどんなイメージを持っていますか?

3種類のスライス

3種類のスライス

  • 時間を作るためのスライス
  • ペースを変えるためのスライス
  • 攻めのスライス

これら3種類のスライスは状況によって使い方が違います。

使いどころを見極めてタイミングよくスライスを使いたいですね。

時間を作るためのスライス

一般のプレイヤーだとこれが1番多いと思います。

時間を作るというよりは、攻められた状況でスライスしか選択肢がないという方があっているかもしれません。

時間を作るスライスというのは、

  • 相手に攻め込まれた状態
  • コートから追い出された状態
  • 体勢を崩された状態

の時に使います。

相手に攻め込まれた状態でスピンを使うとチャンスボールになってしまったり、戻る時間がなくて決められてしまいます。

主にスライスを使いたい状況というのは、アングルショットなどコートの外に追い出されてしまった時に使うと有効なショットになるんですね。

ポイントとしてはオープンコートになる時に使うと思ってください。

もしくは、ストローク戦が厳しくて1度時間がほしい時にもかなり有効なショットです。

どちらにも共通して言えることは時間的に余裕がないこと。

時間がない時には無理して打たず、積極的にスライスを使いましょう。

ペースを変えるためのスライス

ペースを変えるためのスライスは、主にストローク戦で優劣がつかない時に使うショットです。

スピンでラリーを展開している時にスライスを使うことで、タイミングを外すことができます。

球出し練習を思い出してください。

ラリー練習をしている時よりも簡単なミスをした記憶がありませんか?

それはラリーには一定のリズムがあるから。

リズムのない球出し練習は1からのスタートなので難しくなります。

原理はこれと同じで、一定のリズムがあるストローク戦でスライスを使うことでミスを引き出せます。

最低でもミスヒットさせることができれば、チャンスボールがくることも。

展開を変えるために使うスライスも必要だと覚えておいてください。

スポンサーリンク



攻めのスライス

攻めのスライスは速く打ったり、低く弾ませたり、攻撃することを考えれば、スピンを使って攻めた方が効率はいいです。

しかし、スライスは単なる逃げの一手ではなく、うまく使うことができればスライスだけでポイントを取ることもできます。

低いスライスは効果的!

低く滑るスライスは、バウンド後にすごく伸びるので、返球があまくなる可能性があります。

低い打点はレベルが高い人でもしっかりひざを曲げて構えなければミスします。

自分の意志でひざを曲げている時はそこまで疲労がないですが、自分の意志でない時は疲れますよね。

疲労は筋力だけでなく、体力的にもきます。我慢も必要になるのでメンタルにも影響を与えます。

スライスだから相手が不利だと勘違いして打ちにくる場合もあるので、ミスしてくれます。

スライスの打ち方

コンパクトにテイクバック

スライス回転をかけるためにテイクバックが高くなっていませんか?

それだと打点までの距離が長すぎてたたきつけるようなスイングになってしまい、ネットが増えます。

また、ミスヒットをしないためにもインパクトまでの距離は短い方がいいでしょう。

スライス回転をしっかりかけようとすると、スイングを制御しきれずにボールが浮いてしまいます。

スライスは自分に時間があればしっかりスイングしたほうがいいですが、ボールの勢いを使ったスイングができると安定します。

感覚はボレーに近いですね。

ラケット面をうまく合わせるだけでいいスライスが打てるので、相手のショットを利用して打ちましょう。

ひじや手首をキープしたまますくい上げる

バウンド後に低く滑るスライスを打つには、下からすくいあげるようにスイングすること。

すくい上げてるけど安定しなくて悩んでいませんか?

それは、インパクトに向けて手首やひじが動いているから。

相手のパワーを利用して打つため、無理にスイングしようとするから遠心力に負けてしまうのです。

肩を支点にして腕を固定できれば安定して滑るスライスを打つことができます。

左手を引いて体の開きをブロック

ボールが浮いてしまう原因の1つに体の開きがあります。

ボールが浮いてしまうことが多い人は体が開いていると思ってください。

体が開いてしまうと相手のパワーに負けて、ラケット面が上に向いてしまうのです。

体の開きを抑える方法として左手を後ろに引くこと。

左手がサボっていませんか?

打つ時に右手しか動いていないから体が開くのであって、両腕とも動けばバランスがとれます。

体全体を効率よく使うことができれば安定したスイングになります。

まとめ

スライスの種類は3つあります。

  • 時間を作るためのスライス
  • ペースを変えるためのスライス
  • 攻めのスライス

スライスは逃げのショットと思われがちですが、使い方さえ正しければ攻撃することができます。

守りだけに使う考えは捨てて、攻めにも積極的に使いましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事