あなたはテニスの調子が上がらなかったり、しっくりこない日が続いたりで嫌になったことはありませんか?

誰でもうまくいかないことはあると思います。

今回は、そんな調子の悪い時にできる練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

正直なところ原因は不明

これから説明したいところですが、正直なにが原因で調子がくるっているのかはわかりません。

はーーっ!?

と思うかもしれませんが、体のどこかがいつもと違うということしか説明できません。

人間はその日のコンディションによって感覚とか打ち方とかが微妙に変わってくるのです。

機械だったら、メンテナンスすれば同じ動きができますが、人間はそんな簡単なものではありません。

誰にもわからないことなんです、、、

私もしょっちゅう不調で、なにが原因とかはよくわかっていませんが、調子の波はかなりあるほうだと思います。

こんな時って、なにをやってもうまくいかなくて、テニスをやめたくなる時だってありますよね。

しかし、やめられないのがテニス。

今まで一生懸命やってきたのに、たった少し調子が悪いからってやめられないですよね。

もうやけになってプレーしてやる!!

これを読んでいるあなただって、やめたくないから、どうしたらいいか悩んでると思います。

そんな時にいい方法があります。

スポンサーリンク



調子は悪い時にやりたい練習

手出し練習

手出しのボールは遅いので、じっくり自分のフォームを確認しながらできるといったメリットがあります。

また、ボールをよく見ることができるので、インパクトぎりぎりまで集中して見ましょう。

調子悪い時はこれにつきます。

うまくいってない時って、自分もそうなのですが、手首の動きやスイングを意識してしまいがちなんですね。

小手先の動きでやろうとしている時ってのは、うまくいかないことが多いです。

あとは足が動いていないのも原因の1つ。

いつもより数cmボールとの距離感が合っていないだけで、感覚やスイングに大きく影響します。

体の小さい部分にばかり目がいってしまうのもわかります。

ですが、肩や体幹などの大きな部分を意識すると意外とうまくいくことが多いですよ。

まとめ

調子が悪い時は、そのままテニスをしていると、フォームが崩れることもあります。

だからって、テニスしないのはモヤモヤした気持ちになりますよね。

調子が悪くなる原因はわかりませんが、解決策ならあります。

調子が悪くなったら、無心になって、ボールをよく見て手出し練習をしてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事