テニスボールにもいろいろな種類があって迷ってしまいますよね。

しかし、ボールにはそれぞれ特徴があり、メーカーごと、モデルごとにまったく違います。

今回はウィルソンのボールがすごいということで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウィルソンが世界初のプレッシャーボール

現在あたり前のように使われているプレッシャーボールの缶ですが、それを世界で初めて販売したのがウィルソンです。

それまでは試合でも、ノンプレッシャーボールが使われていました。

さらに、プラスチックで作られたボール缶もウィルソンが世界で初です。

あなたはテニスボールの歴史を知っていましたか?

そんなテニスボールの歴史を変えたウィルソンですが、現在は、全豪オープンと全米オープンで使われていて、選手達も信頼してプレーできているんです。

ボールの種類

テニスボール

  • ツアープレミア(試合球)
  • ツアースタンダード(練習球)

スポンサーリンク



ボールが長持ちする理由

  • フェルト
  • エアー
  • 撥水性(はっすいせい)

この3つの耐久性が良くなったことで、ボールが長持ちします。

フェルトが長持ち

プレーしていると、ロゴが薄くなってきます。それは、打つたびにフェルトがすり減っているから。

今回のボールのロゴは結構早く薄くなってしまうのですが、それで判断してはいけません。

今までだと、ロゴが薄くなってきたら、ボールの寿命と判断することが多かったかと思いますが、このボールはロゴは薄いけど、フェルトは残っています。

ロゴが消えたからといっても、フェルトはまだまだ元気なので、品質はあまり変わりません。

エアーが抜けにくい

フェルトの耐久性が良く、ボール内の空気圧が下がりにくい素材のゴムを使っているので、空気が抜けにくくなっています。

フェルトは結構残っているのに、空気が先になくなってしまうことってありますよね。1時間くらいしかプレーしなかったら、次回使う時も見た目では使えそうですが、ボールはペコペコです。

空気が抜けにくいのはプレー時間が短い人にとってはありがたいですよね。

撥水性(はっすいせい)

湿度の高い日本では、空気中の水分すらボールが吸ってしまいます。それを防ぐことで、ボールの重さもあまり変わらなくなっています。

他のボールだと、通常の状態と水を含んだ状態で7gほど変わりますが、ツアープレミアでは0.5g、ツアースタンダードでは4gと、水分の吸収を抑えられています。

ロゴが消えやすいという原因も、撥水性を良くするためのコーティングで、インクが中まで吸い込まないのが理由となっているんですね。

そのため、ロゴが消えたとしても、使えないと判断するのは、間違いということなのです。

ケガの予防になる

フェルトがあると、クッションの役割をしてくれるので、腕への衝撃も抑えてくれます。

また、日本ではオムニコートで試合をすることが多いと思いますが、オムニコートでは、雨が降っていてもプレーをしますよね。

水を含んだボールは重くなるので、腕への負担も大きくなり、ひじや手首を痛める原因になってしまいます。

ケガの心配がないということは、プレーで不安に思うことがないので、健康を維持しながらできます。健康を維持できれば、プレー時間も長くなり、より楽しくできるんですね。

>>硬いボールはケガの元?プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの違い

まとめ

ウィルソンのボールを使用している人はあまりいません。だからすごくもったいないと思います。どんどん使って欲しいのに。

テニス人口としても、年配の方が増えてきているので、健康面を考えて、このボールを使ってほしいです。

また、高校生の大会では、ウィルソンを使用していると思うので、同じメーカーだと違和感が少なくて済むので、普段の練習から、取り入れると感覚も変わらずプレーできます。

ウィルソン ツアープレミア(試合球)↓

ウィルソン ツアースタンダード(練習球)↓

スポンサーリンク

よく読まれる記事