初心者の人は、1番最初にコントロールで悩むのではないでしょうか?

テニスをやる上で最も大切なコントロールを鍛えましょう。

走ってボールに追いつくことは大前提とします。追いつけなきゃボールは返せないですからね。

今回は、そんな初心者のためのコントロールの練習方法を紹介します。もちろん初心者でなくても鍛えられます。

スポンサーリンク

コントロールを磨くには時間がかかる

コントロールには時間がかかる

初心者の人はボールを返すだけで精一杯だと思いますが、球出し練習から少しずつコントロールの練習をしていきましょう。

スピードのあるボールを打つのは、目が慣れてきて、しっかりスイングできれば、そのうちできますが、コントロールを鍛えるには、簡単ではありません。

かなり時間をかけて練習しないと身につくものじゃないのです。

その理由として、試合では速いショットを打っている人は多くいますが、ミスをします。これはコントロールできていないということになりますね。

さらに、一般の試合のほとんどでは決めるポイントよりも、ミスが少ない方が試合に勝つなんてことがほとんどです。

このことから、コントロールを習得することがどれだけ大切かわかります。

コントロールが良くなると、相手を走らせたり、苦手なところに打ち続けたり、自分のポジションの確認して打つところを決めたり、自由にできるので試合でも勝てます。

これは初心者でも上級者でも同じですが、まだテニスを始めて間もない初心者だからこそ、早めに練習できたら上達も早くなります。

コントロールを身につける練習

コートを4つにわける

まずはシングルスコートを4分割にしてみましょう。

コントロールはこの4つから始まります。

この4つがある程度できるようになったら、さらに9分割したりコントロールの精度を上げていきましょう。

打点を覚える

フォアハンドやバックハンド、すべてのショットで覚える必要があるのが、打ち分けの打点です。

まずは基準となる打点がどこなのかを探しましょう。

基準打点とは、力が1番入る打点です。ここを基準打点として、少し変えるだけで、コントロールすることができます。

ボールを深く打ちたければ、この基準打点で、しっかりインパクトできれば、力が入るので深くいきます。

基準打点より後ろになってしまうと力負けしやすく、コントロールが難しくなってしまうので、そこより後ろで打ってもコントロールの練習になりませんので注意しましょう。

浅いところを狙いたかったら、基準打点よりも少し前でインパクトすると、浅いところにいきます。

左右のコントロールは、打った後のラケットをどっちに振り抜いていくかで決まります。

ラケット面にボールが当たっているのは一瞬なので、大きくその方向にスイングしていく必要はありません。そこは感覚で覚えるしかないので練習するしかありません。

だからこそ、コントロールには時間がかかるのです。

これらの打点を覚えていれば、打ちたいところに自在にコントロールができます。

スポンサーリンク



高さによる違い

打ち分けでもう一つ注意が必要なのが、打点の高さ。

先ほど説明した前後左右の打ち方に、打点の高さがプラスするだけで、コントロールの難易度が大きく変わります。

覚えておいてほしいのが、低い打点のときはクロス、高い打点のときはストレート、に打っていくのが基本です。

テニスにはネットがあり、ネットの高さが真ん中と端で結構違います。真ん中が10cm低くなっていますよね。

コートにも大きさがあり、クロスでは斜めに打つので距離が長く、ストレートでは短くなることも覚えておきましょう。

これを考えた時に、低い打点では1度持ち上げる必要があるため、ストレートはネットは高く、距離も短いため、かなりリスクのあるショットになるということです。

安全という意味でも、低い打点ではクロスを狙ったほうがいいでしょう。

ストレートを狙うには、高い打点で打てた時です。始めてストレートという選択肢を持てます。

ストレートというのは距離が短いため、お互いとって時間がなくなるリスクがありますが、積極的に使っていきたいショットですね。

まとめ

コントロールを磨くには、

・4つの打点を覚える
・高さによって決める

このことを考えて練習することが大切です。

ボールを見極めて、どちらにコントロールするかの判断も磨くことができます。

スポンサーリンク

よく読まれる記事