初心者がショットを打つ中で、1番最初の壁となるのが、スピンをかけることです。

今回はスピンをかけるための、段階別練習法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スピンの理解を深めよう

スピンとは

ボールに縦回転を与えることです。縦回転をかけるとショットがアウトしにくくなったり、弾んだ後に相手に向かって伸びていくので、勢いのあるボールになります。

スピンはなぜ難しいのか

フラット系のショットだったら、ボールの後ろからそのまま当てるだけですが、スピンを打つにはボールの下からラケットを振り上げる必要があります。

この振り上げる動作をボールに合わせることが難しく、スイングが小さくなったり、フレームショットを招く原因になります。

スピンの打ち方

下からラケットを振り上げることが必要ですが、腕をひねることも大切な要素です。

まず慣れるまでは下から振り上げてスピンがかかる感覚を覚えましょう。

スポンサーリンク



スピンを覚えるための段階別練習方法

まずはスピンをかけることができるのかを知ることが重要です。

1.手で球出し

ボールがゆっくりなので、焦ることなく自分のペースで打っていきます。

とにかく意識をしたいのはスピンをかけること。下から上のスイングして、しっかりとスピンがかかっていることを理解しながら、感覚をつかんでいきましょう。

2.サービスコートで打つ

球出し練習といっても、いきなり長い距離ではやりません。

最終的には、長い距離に打つことができなければいけませんが、スピンを覚える段階では、強く打つ意識を持ってしまうと、スピンに集中できなくなります。

短い距離で打つことによって、集中してスピンをかける練習をします。

3.距離を長くしていく

常に意識してスピンをかけられるようになったら、距離を伸ばしていきます。

ここで注意したいのが、焦って距離を伸ばそうとしないこと。せっかく覚えたスイングの感覚がくるってしまう可能性があるからです。

少しでもスピンがかけられなかったり、ストロークがバラバラになったら、その距離が限界ということを覚えておきましょう。

ストロークが一定になるまでは、その距離で練習します。

スイングが身について、スイングスピードが速くなってくれば自然とボールを飛ばせるようになるので、焦らずに取り組みたいですね。

スポンサーリンク



まとめ

スピンを覚えるには理解することがなによりも大切です。

スピンは覚えるのは大変だけど、1度覚えてしまったら、フラットを打つ方が難しくなるでしょう。早くその感覚味わいたいですね。

まずはストロークを安定させることが優先。スピンをかけられている事実と、スピンを打った時の感覚を確認しながら練習しましょう。

スピンをかけるためには、正しいグリップで握る必要があります。以下の記事では、正しいグリップの握り方について説明しています。

1人でできる練習方法を動画にまとめたので、練習相手がいない方、球出ししてくれる人がいない方は参考にしてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事