テニスの練習メニューでは、いろいろな練習方法で、応用力を高めることが重要視されています。

確かに大切なことですが、多くの人が忘れがちなのが反復練習。

反復練習をすることで、その動作を体に覚えこませることが大切です。

スポンサーリンク

自信が持てるようになる!?

試合中は誰もがネガティブな考えを持つと思います。これは仕方がありません。勝ちたいと思っているのだから、不安な気持ちがでてきてしまうのです。

では、ポジティブに考えなくてはならないかと言えば、そんなこともありません。ネガティブでいなければ何も問題ないのです。

そこで必要なのが、反復練習。

反復練習をすることによって、いつもやっていることを、試合でもやればいいのだから、何も考えることなくできます。

単純な動きで集中力を上げる

反復練習で集中力アップ

単純な動きというのは、複雑でないということになります。

つまり、1つのことに集中できるため集中力を上げることができます。

集中力が上がっている時には、他のことを考えられなくなり、ネガティブに考えなくなるんですね。

・しっかり振り切る
・ラリーの数を数える

なんでもいいので、集中力を鍛えるトレーニングをしましょう。

練習では同じことを繰り返す

練習では、同じメニューを繰り返しやることが大切です。

ほとんどの部活やサークルでは、3周やったら次のメニューと、1つのメニューに対しての練習量が圧倒的に少ないです。

これでは、同じ動きを身につけることができません。

私は球出し練習が好きで、時間があればずっと同じ練習ばかりやっていました。

その時は試合にでても、何も気にすることなく、自分のプレーに集中できています。

テニスだけでなく、なにをやるにも反復練習は必要です。

大会やコンテスト、試験など、なにもせずに当日を迎えたら自信がもてませんよね?

自信がないからこそ、練習して、メンタル面を鍛えることが大切です。

パフォーマンスの向上

反復練習は、技術だけでなく、メンタルのトレーニングになることも覚えておきましょう。

何回も練習をしていると、これだけやったから大丈夫、と自信が湧いてきます。

私の場合は、集中力の持続をトレーニングしたかったので、テニス以外に、筋トレや走り込みもかなりやりました。

もちろん、しっかりトレーニングして迎えた大会では、自信があるとかないとかでなく、何も考える必要がないくらい平常心でいることができました。

反復練習は、技術面と精神面の両方を鍛えることができるので、結果的にパフォーマンスが向上するというわけなんです。

もし、いつも試合では自信が持てないなど、悩んでいるあなたは反復練習をしてみてください。

まとめ

なんのために練習をしているのか?

といったら、ほとんどの人が大会を目標にしていると思います。

そのため、できれば大会ではベストをつくしたいですよね。

練習をしっかりできていれば、今までよりも落ち着いて試合ができるでしょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事