ダブルスを圧倒的に有利に進めるには、何が必要だと思いますか?

そう、ボレーです。

ダブルスをよくやっている人ならボレーの重要性を理解していると思います。

今回は、前に出ながらのショットとしてファーストボレーのやり方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダブルスではボレーができる展開にする

テニスはネットの近くでプレーした方が、圧倒的にポイントを取りやすくなります。

さらにシングルスに比べて守るスペースが少ないので、よりボレーの重要性が高いんです。

では、ボレーの展開を増やすためには、どうしたらいいのか?

常に前に出られるように意識して攻めることが大切です。

必ず攻めることができているのは、サーブを打った後です。サーブ&ボレーをすることで、試合を有利に進めていけます。

スポンサーリンク



ファーストボレーとは

まずファーストボレーとは、後衛のポジションから、前衛のポジションに移動する時に打つボレーのことを言います。

ミスしてしまう原因

ファーストボレーが失敗する原因として、普通のボレーと同じようなスイングになってしまっている。

通常のボレーでは、決めに行く要素が強い。

対して、ファーストボレーは、前に行くための、つなぎのようなショットになります。

比べると、全然違った目的のショットということがわかりますよね。

そのため、通常のボレーと同じにスイングしてしまうと、ミスが増えてしまうのです。

スポンサーリンク



ファーストボレーのポイント

ラケットを動かさない

動かさないというのは、少し大げさに言い過ぎかもしれないですが、それぐらいの意識が必要です。

強く打つときこそ、ラケットをスイングして、優しく打つときこそスイングを抑えますよね?

この原理と同じで、決めに行く要素がないので、スイングする必要がないショットなのです。

ボレーで戦う前にミスしたら意味がないので、確実なチャンスボール以外は、丁寧に、絶対にミスしない意識を持つことが大切です。

そして、ラケットを動かすことができないということは、しっかりと足を動かして打点に入ることが必要です。

足で打つ練習をする

クロスでボレー対ストロークの練習をします。

ボレーのポジションは、サービスライン上で、ラケットはセットするだけにして、足でボールを運ぶように打ちましょう。

ラケットはセットするだけなので、正確にヒットすることができると思います。

もし、ミスヒットになったら、ラケットが動いている、もしくは足が動いていないということになるので気をつけましょう。

ファーストボレーは深く

ラケットを動きを抑えられるようになったら、そのまま深いところを狙っていきましょう。

深いところを狙うと打ち込まれる可能性が低くなり、打たれても十分な距離を保てます。

なにより、前に詰める時間を作れることが大きいんです。

ファーストボレーが浅くなると、相手に打ち込まれたり、それが怖くて詰められなくなりますよね?

1番は打ち込まれた後、相手が前に詰めてくる展開になると、確実にポイントを取られます。

相手が前に詰められるような展開だけは避けたいですね。

それを防ぐために、深いところに打つ必要があるのです。

まとめ

ダブルスでは前で戦う意識を持つことが大切です。

ファーストボレーは普通のボレーとは違うので、最初は全然できないでしょう。

感覚な部分が多いので経験を積むしか上達しません。

ボレーが苦手だと言わずに、練習だったら何度ミスしてもいいのだから、積極的にチャレンジしましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事