あなたはストロークでウィナーを取ろうとし過ぎていませんか?

実はリスクを上げて打たなくても、ウィナーを取ることはできます。

今回はストロークを得意としてるプレイヤーが今までより、多くのウィナーをとれるようになるために打ってほしいショットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストロークが重要になってきている

現代のテニスでは、ストロークが中心になる展開が増えていて、実際にストロークが得意という人も多くいると思います。

私もその1人で、ストロークを軸に攻める展開が多いです。

実力に差がある場合には、ストロークの展開になったとしてもわりとすぐに決まることが多いんじゃないでしょうか。

しかし、実力が同じくらいだとなかなか決まらない展開になり、得意なストロークでポイントが取れないと、リズムに乗ることも難しくなってきます。

ストロークを得意としているプレイヤーからしたら、どんどんウィナーを取っていくのが理想ですよね。

そこで、ウィナーを取るために必要なのがドロップショットです。

ドロップショットが必要な理由

ドロップショットが必要な理由

ドロップショットとは、ネット際に打つショットです。

私はドロップショットを使うようになってから、スピードをそこまであげなくてもウィナーを取れるようになりました。

リスクなくウィナーが取れるってかなりメンタル的に楽できます。

ストロークの打ち合いになると、一定のリズムで展開されるので、コートの後方にポジションしていることが多くなると思います。

コートを上から見てみましょう。

ネット近くが空いていますよね。

これだと、もったいないのでしっかり前に走らせましょう。

相手はそのまま前にいますが、普段ストロークをメインにやっていると思うので、ボレーに慣れていないかもしれません。

そのままボレー対ストロークの展開に持ち込めれば、ポイントできるチャンスですね。

これはドロップショットを拾われた時のことでしたが、そのままウィナーになってしまう方がいいですよね。

チャンスがあったら、どんどんドロップショットを打っていきましょう。

ストロークでウィナーを取れるんじゃないの?

と思った方もいると思います。

脱線しましたが、ここからです。

ドロップショットを打っていると、それに対応しようと相手は自然とポジションが前になってきます。

これが狙いです。

ストロークの打ち合いでは、ポジションが前になると、素早く反応しないといけません。

反応できなかったら、すぐにウィナーになってしまいます。

ウィナーを多く取るには、相手のポジションが重要ということなんです。

ポジションの上げさせるためにドロップショットを打ちます。

また、下がってきたなと思ったらドロップショットを打って、振り回しましょう。

私はこの方法で、2倍くらいウィナーが取れるようになりました。

ウィナーを取られると、受け身になってポジションが下がってしまうので、またチャンスですね。

ここまでできるようになると、ドロップショットでもウィナーがとれるようになってきます。

スポンサーリンク



ドロップショットの打ち方

ただラリーの中で使っても、揺さぶることはできませんので、チャンスボールを打ち込むと見せかけて打つのが大切です。

打つと見せかけると、相手は少し下がってしまうので、ネットまでの距離が遠くなりますよね。

チャンスボールが来ているので、こちらはネットとの距離が近くなって、よりドロップショットの精度がよくなります。

この最初のドロップショットがとても重要。

ミスしても効果が期待できますが、決めた方が相手は意識せずにはいららないと思います。

そのために最初の1本がすごく大切になってきます。

もう1つ精度をあげるために、ライジングで打つようにしましょう。

ライジングで打つと、相手のパワーを利用できるので、コントロールしやすくなります。

それに、ライジングだと相手の反応が遅れる可能性が高いので、より決まりやすくなります。

また、ドロップショットを打った後、自分も前にいって戦うのも1つの戦術として持っておきましょう。

自分はボレーが得意、反応には自信があるから、浮いてきたところを決めるなどもありです。

まとめ

ドロップショットを使うと、

・ストロークでリスクが少なくウィナーが取れる
・相手を前におびき出せる

ドロップショットのポイントは、

・ストロークを打つと見せかけて打つ
・なるべくライジングで打つ

ドロップショットの効果はストローカーにとって大きなメリットです

うまく使ってウィナーを取っていきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事