【サプリメント事情】テニスにEAAは必要?飲むタイミングの解説

EAAって聞いたことがあるでしょうか。

BCAAなら聞いたことがあると思いますが、簡単に言うと仲間です。

BCAAにはバリン、ロイシン、イソロイシンと3種類のアミノ酸から構成されています。

EAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンを含めた、9~10種類のアミノ酸から構成されています。

このEAAはテニスに必要なのか?

必要だとしたら、どのタイミングで飲めばいいのか?

そんなところについて説明したいと思います。

結論:テニスにEAAは必要ない

EAAの効果は、筋肉の分解を抑制することです。

筋肉の分解を抑制するって意味では、BCAAと違いはありません。

なので、BCAAを摂取することができていれば、EAAは必要ないことになります。

もう1つ重要なのは、日頃からプロテインを飲む習慣があるか。

プロテインの中には、EAAとなる成分が含まれているので、プロテインさえ飲んでいれば必要ないことになりますよね。

テニスの時に必要なのは、体に吸収されるスピードを考えたときに、必須アミノ酸であるBCAAやEAAを摂取できる方が効率がいいです。

栄養補給としてプロテイン、テニスの時にはBCAAで筋肉のダメージを最小限に。

ってことで、EAAは必要ありません。

しかも嬉しいことにBCAAの方がコスパが良いので、お財布にも優しいです。

BCAAの代用としてEAAはあり?

すでにEAAを買っていて、BCAAの代用に使いたいという人もいますよね。

基本的な効果は同じなので、全然代用することができます。

しかし、含有量を見てもらうとわかる通り、アミノ酸の分量が全然違います。

私が愛用しているマイプロテインを例にしますね。

こちらがBCAA(5g)の成分↓

こちらがEAA(9g)の成分↓

1食の量が違うので比較しづらいとかもしれませんが、バリン、イソロイシンに関しては2~3倍くらいBCAAの方が多いです。

より筋肉の分解を抑制してくれるため、筋肉へのダメージとか疲労が軽くなります。

このことから、EAAはBCAAの代用になるけど、より効果を感じたい方はBCAAがおすすめ。

くらいに思っておきましょう。

新しく購入するんだったら、もちろんBCAA一択です。

EAAが必要な時っていつ?

EAAが必要な時は、「お腹が空いてるけど、筋肉の分解は避けたい!」って時です。

お腹が空いてる状態(空腹時)の時は、筋肉を分解してエネルギーを確保するため、どうしても筋肉が消費してしまいます。

こんな時にはEAAが役に立ちます。

  • 朝起きてすぐに運動する時
  • ご飯を満足に食べられないままテニスをするとき

時間が取れる朝にランニングやトレーニングなどの運動をする人っていますよね。

そんな人にはEAAがおすすめです。

その他にも、お腹が空いているけどテニスをするときとか。

今すぐに体内にアミノ酸が欲しい時ですかね。

プロテインは飲んでも体内に吸収されるまで時間がかかるので、すぐに吸収してほしいときにはEAAです。

EAAはどれくらい飲めばいい?

基本的にはパッケージに従って飲むようにしましょう。

トレーニングが激しい時には、たくさん飲んでもOKです。

ただ、EAAは飲みすぎると下痢を起こすこともあるので、10g程度に抑えるようにしてください。

あとは個人差で、どのくらい摂取したら下痢が起きたかなどをメモして、自分の許容範囲を知ったうえで飲むのもありです。

まとめ

基本的にはテニスにEAAは必要ありません。

もし、早朝に何か運動する習慣があるなら、その前にEAAを飲んで、筋肉の分解を防ぐようにしましょう。

プロテインとBCAAは常備しておくくらいの気持ちでいいと思います。

おすすめ【2021年最新版】使いやすさ抜群のおすすめラケット8選
おすすめ【初心者~上級者まで必見!】フォアハンドを2ヶ月間の独学で強くした方法
おすすめ【2021年3月】ぼぶテニの人気記事ランキングBest10
スポンサーリンク