テニスの最終戦であるATPツアーファイ
ナルズの2日目の2回戦が日本時間14日の
午前5時に行われた。

ナダルは初戦で黒星スタートとなったが、
試合終了後の会見で膝の故障により大会を
棄権することを発表しました。

スポンサーリンク

対 D.ゴファンとの試合

試合結果はナダルから6-7(5-7)、7-6(7-4)、
4-6のフルセットまでもつれました。

第1セット終盤には、ブレーク合戦の
ような展開でゴファンがリードしました。

第2セットでは、ゴファンにマッチポイント
が4度訪れましたが、これを全てしのいだ
ナダルが勢いのまま第2セットを奪取。

第3セットは、勢いにのったナダルが
このままいくかと思われたが、ゴファンの
深いストロークにナダルが押し込まれる
ようにして幕を閉じました。

試合前から発表していた

ナダルはひざのケガが原因で棄権する
ことを発表。

聞いた時には驚きましたが、ナダルは
ツアーファイナルズを迎える前に、
戦える状態でないことを述べていました。

最高の準備をしたからこそ試合にでる
ことができましたが、トッププロ同士の
試合は厳しいものでした。

しかし、ナダルのすごいところは途中
棄権をしないこと。

試合に出たら、どんな状態だとしても
必ず最後まで戦いぬく気力、プロ意識を
もって臨んでいることです。

観戦する側から見れば、もちろんナダルの
プレーは見たいので嬉しいですが、ケガが
悪化してほしくはないですね。

また来シーズンがあることを考えると、
それに向けて完璧な準備をしてほしい
と思います。

以上のことから、試合前からわかって
いたケガにも関わらず、プレーをした
のは重症ではないのか??

新しいケガではないらしいので、治療
にもそれほど時間がかからないのか、
経験しているナダルにしかわからない
のが現状。

早く治して戻ってきてほしいですね!!

ナダルのいなくなった枠

予選のラウンドロビンでは、4人組の
グループにわかれて総当たりになる
決まりです。

ナダルが抜けた枠には、惜しくも9番目
だったP.カレノ=ブスタが入ることに
なりました。

今回のATPツアーファイナルズは、
初参戦の選手が多くいて、どんな試合に
なるのか楽しみです。

本音としては、ビッグ4や錦織は応援
しているので、試合を楽しみにしてい
ましたが、来シーズンのお楽しみに
なりました。

常連の選手がいないのが残念ですが、
このな中から2名が決勝トーナメントに
進めます。

もう1つのグループでは、フェデラーと
ズベレフがすでに1勝ずつ上げている
ので、順当にいけば上位シードの
この2人が決勝に進むでしょう。

フェデラーの優勝が濃厚か!?

ナダルの棄権により、フェデラーの
優勝が強いですね。

フェデラーを倒せるのは、ナダルしか
いないと思っています。

今季をみてみると、フェデラーを倒した
のはこの中じゃズベレフしかいません
が、1年を通して高いレベルをキープは
できていません。

まだまだビッグ4に比べたら波がある
選手です。

ズベレフやチリッチが爆発してくれたら
面白くなりそうが、通常でいったら
フェデラーでしょう。

ナダルも今年はフェデラー相手に1勝も
上げることができていませんでしたが、
長期にわたってのライバル関係なので
試合が見たかった、、、

この大会の雰囲気もフェデラーが
1番知っていて、経験値も高いので
応援しています。

スポンサーリンク

よく読まれる記事