テニスで1番大事なのが、フットワーク。

まずボールに追いつかなくては返すこともできないため、もっとも重要視されています。

今回は、フットワークができているか確認も含めて紹介したいと思います。

いいフットワークとは?

まず、いいフットワークとはどんな動き方をするのでしょう。

いいフットワークとは、ボールに対して、動き方を変えることによって適切に動いているのです。

足をいっぱい動かすというよりは、できるだけ少ない歩数で効率よくボールに追いついているので、バランスを保ちながら打つことができるんですね。

これに対して、悪いフットワークはとにかく全力でボールに追いつこうとします。

その全力な姿勢は素晴らしいことですが、一生懸命動くことがいいフットワークであるとは限りません。

走るようにして追いつこうとするから歩数が増えて、時間的な余裕がなくなり不安定な姿勢で返球することになってしまうのです。

しかも、不安定な姿勢での返球ばかり続けていると、力が伝わらず足にも負担になり、体力的にきつい状態になってしまうでしょう。

バランスに徹したフットワーク

スイングの理想としては、足から伝わってきたパワーをラケットに伝えることで、いいショットを打つことです。

しかし、必ずしもいい姿勢で打つことができるとは限りません。

なので、バランスを考えると、足はボールに追いつくために使って、上半身はボールにパワーを伝えるために使うことも大切です。

理想的なスイングには遠くなりますが、体幹がしっかりしていればバランスを崩すことなく打てるので、このような使い方をするのも1つです。

フットワークとメンタル

うまく動くことができないと、バランスを崩した結果、体に負担がかかります。

バランスが崩れた状態で何度も返球していると、プレーに余裕が持てなくなるのでメンタルにも悪い影響を与えてしまいます。

メンタルが崩れると、ポジティブな思考がなくなるので、強気なショットが打てなくなってしまうんですね。

その結果スイングスピードも遅くなって、スピンがかからなくなり、安定性もなくなってしまうのです。

メンタルを強く保つためにも、バランスを崩すことは良くないので、体幹などバランスに気をつけてフットワークをしましょう。

フットワークがうまい人は何が違う?

フットワークがうまい人は、時間に余裕があります。時間に余裕があると、次の相手の打つコースやポジションが見えるようになります。

うまい人のほとんどはフットワークがいいので、メンタルが崩れてしまうこともすくないのでしょう。

時間に余裕を持つには、正しいフットワークが必要ですが、簡単に身につけられるものではありません。

練習の中で難しいショットに対して、バランスを崩さずに、動けるかをトレーニングする必要があります。

いろいろなボールに対して、適切なフットワークをする必要があるので、とにかくいろいろな状況での練習が正しいフットワークを身につける近道になります。

まとめ

フットワークには、決まりがなく相手の返球しだいで動き方に違いがあります。

大切なのは、バランスを崩さないようにスイングできるかなので、そんなフットワークを目指しましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事