あなたはフォアハンドでしっかりスイングできていますか?

ミスするのが怖くて、スイングが小さくなっていませんか?

コーチや監督から、ミスするなと言われて縮こまっていませんか?

もしこのようなことに心当たりがあるなら、いま気づくことができたので、あなたのフォアハンドは一気に上達します。

今回は張りきってこそフォアハンドの良さを発揮できるので、しっかり打てるコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アウトを恐れず思いきり振る

まず多くの人に言えるのが、アウトを恐れて、スイングが小さくなっていたり、コートにいれようとして、かすれたスピンになっていたり、しっかり振り切れていません。

たしかにアウトしたら、相手にポイントを取られてしまいますが、それは試合のことで、練習の時にしっかりスイングすれば、試合でも同じことをするだけです。

アウトするのはパワーが伝わっている証拠

アウトするというのは、ホームランのような軌道ではだめですが、力がしっかり伝わっているからとびすぎるのであって、いいことだと思いませんか?

コートに入れるのは当たり前ですが、そのようにしていると、いつの間にか力を加減して打つようなスイングになってしまうのです。

力強く打つくせがついていないので、チャンスボールでもミスをしたりすることが多くなります。

それに比べて、普段からアウトしても振り切っている人は、いつも同じようにスイングするので、しっかり打つことができます。

ここで経験値の差がでてくるんですね。

普段からしっかり振り切っていれば、ラリーでのショットでも勢いが違います。

悪く言えば、入れにいくストロークよりも、アウト覚悟でしっかり振り切ったショットの方が、相手にとってプレッシャーとなるのです。

実際の試合でアウトを連発しては、相手に少しのプレッシャーもかかりません。練習から振り切ることが大切です。

この積み重ねがストロークの精度をどんどんよくしてくれます。ショットに対する考え方を変えて、アウトを恐れずに、振り切るくせをつけることを意識してください。

フォアハンドで思いきり振りきる

しっかりスイングする上で抑えておきたいのが3つ。

軸をぶらさない

スイングスピードを上げる時にパワーをロスなく伝えるには、軸をぶらさないことが大切です。

軸がぶれなければ、打点に向かって正確にスイングすることができるので、スイングのズレもありません。

より強いショットを打つほど、軸をしっかり保つことが大切です。

とにかく振りきる

スイングスピードを速くするにはとにかくしっかりスイングすることが大切です。

ミスしないように確実に入れようとすると、スイングをセーブしてしまいパワーを伝えることができません。

入れにいくのではなく、アウトしてもいいという気持ちで思いきったスイングをしましょう。

常にしっかりスイングすることで、意識しなくても振りきることができるようになります。

ネットの高いところを狙う

まずミスの中で1番いけないのがネットミス。相手が何もしなくてもポイントが取れるからです。

なので、ネットの高いところを狙ってネットミスだけはしないようにしましょう。

しっかり振りきることができていれば、スピンがかかるのでアウトしません。

また、ネットの高いところを通すことによって、ライン付近にボールをコントロールできます。

プロの試合を目線の高さで見たことがあればわかると思いますが、ボールの軌道は意外にも高いです。

そんなプロでもネットにかかるリスクを下げるために高いところを狙っているので、真似したいところですね。

まとめ

フォアハンドで思いきったショットを打つためには、

  • 軸をぶらさない
  • とにかく振りきる
  • ネットの高いところを狙う

このポイントが大切です。

最初は何回だってアウトしていいし、ミスはあたりまえです。

面が上を向かないように、まずはしっかりスイングすることを心掛けて練習していきましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事