あなたは何か自分にとって特別なショットを持っていますか?

1つ派手なショットを持っているだけでギャラリーは盛り上がり、その歓声で自分のプレーも調子を上げることができます。

何も持っていなければ、錦織が使っているエアKを覚えましょう。

自分のイニシャルにして楽しくやるのも、モチベーション上がって楽しくなります。

今回は、エアKの打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エアKはかなり難しい!!

錦織の武器であるエアKは、簡単にやっているように見えてかなり難しいショットです。

フォアハンドストロークは、テニスのショットの中でも、1番最初に習得することができます。

そして、オープンスタンスでもクローズドスタンスでも、右足から左足に体重移動を使うことでパワーを出します。

しかしエアKはジャンプするときに、すでに左足に体重が乗っているので、体重移動を使って打つことができません。

なのでフォアハンドストロークの中でも、難易度の高いショットに分類されます。

難しいショットではありますが、打ち方さえマスターできれば、誰でも打つことができます。

ただ、空中で運動連鎖をすることは難しく、エネルギーを作るには体力が必要です。

あの錦織も、体力てきな問題で封印していました。

しかし、相手に押されていたり、なんとなくテンションが上がらない時には、体力を考えずに使った方がいいです。

エアKの打ち方

こんなのかっこよすぎませんか!?一瞬で見惚れてしまいます。

では、打ち方を説明します。

前足を軸にジャンプしていく

エアKはコートの中に入って前に詰めながらジャンプして打つショットです。

もう1つコートの中に入って打つドライブボレーがありますが、似ているようで違います。何が違うのかというと、ドライブボレーが右足重心のジャンプに対して、エアKでは左足重心のジャンプになるからです。

ドライブボレーが右足から左足に体重移動ができるのでスピンがかけやすいショットになりますが、体重移動が使える分バランスを崩しやすいんですね。

それに比べると、エアKは体重移動がない分バランスを崩しづらくインパクトの精度が高くなります。

そして初めから左足の軸があるので、回転運動がしやすく、スピードが出しやすいという特徴があります。

スポンサーリンク



左手と右足でバランスをとる

一般のプレーヤーは、しっかり構えた状態でも回転運動を使って打つのは難しいです。それを空中で回していくとなると、一般のプレーヤーでは真似することのできないショットだと思われます。

そこで、ラケットを持っている右手と、ジャンプしている左足以外の部分をしっかり使っていきます。

左手を一気に体に引き寄せて、右足を後ろに向かって強く蹴り出すと、軸を保ちつつ一気に回転するんですね。

このように体全体を使って打つことで、バランスを保ちつつスイングスピードを上げることが可能になります。

地面と水平にスイングする

エアKは、コート内に入って打つショットであり、ジャンプして高い打点で打つショットです。

このことから、かなり高い打点で打つことがわかると思います。

そのため、スピンをかける必要がないので、ボールを持ち上げて打ちません。

なので、地面に対して水平にスイングしていくことでスピードあるショットが打てます。

ネットにかなり近いところで打てるのであれば、上から下に打ち下ろすスイングでもいいでしょう。

まとめ

なにか1つでも自分を上げることができるショットを持っていると、パフォーマンスが上がります。

エアKの打ち方は、

  • 前足を軸にジャンプする
  • 左手と右足でバランスをとる
  • 地面と水平にスイングする

エアKは難しいショットですが、打ち方のコツさえつかめれば簡単に打つことができます。

錦織になりきって、エアKを練習に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

よく読まれる記事