あなたはテンポ速く返された時どう思いますか?

また、あなたは速いテンポでショットを打つことはありますか?

速いテンポが、どれだけ展開を楽に進められるかについて考えたことがある人は少ないでしょう。

今回は速いテンポの効果と打ち方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ライジングショットの効果

ライジングとは、ボールがバウンドした後に、頂点にくる前に打つことをいいます。

サンライズ=太陽が昇る

それと同じでボールが上がっている最中に打つからライジングと言います

相手の時間を奪える

一般のプレーヤーがラリーをすると、ほとんどがボールが落ちてくるところをヒットしています。

そのため、遅いテンポが体にしみついてしまっているので、速いテンポで打つとついていけなくなることが多いでしょう。

戻る時間もなくなるので、相手が十分に体勢を整える前に返球することができます。

コートカバーを狭くできる

ボールが落ちてくるところをヒットしているときは、ベースラインよりもかなり後ろに下がっているとき。

これをライジングで打つには、ベースラインから離れずに打つ必要があります。

ネットに近ければ近いほど、自分の守る距離が短くなるということです。

プロはほとんどライジング

プロのレベルになると、いかに時間を奪うかが勝負になります。

それは、試合が長時間になる可能性があるからってのもあるし、毎日や1日おきに試合をすることになるから、体力の温存という意味もあるんですけどね。

サービス力があるプロは、相手が体勢を崩したら、立て直す時間を与えずに決めます。サーブがいいとそれだけで有利ですからね。

スポンサーリンク



普通のライジングショット

ラリーで多く使われているショットで、ストローク戦でもほとんどが通常のライジングなんですね。ライジングの中でも比較的多く使われています。

打ち方のコツ

ベースラインの1歩内側に入って打ちます。おもに、ステップができれば簡単にできます。

まずは、右足→左足に体重移動。その勢いで、右足が前に出たら、左足を後ろに引いて元の位置に戻る。

基本的にはこれを繰り返しすことで体に覚えさせます。

常にこのステップができれば、もう簡単に打てるでしょう。

攻撃的なライジングショット

相手を追い込んだ時に、時間を与えず一撃で決めたい時に使います。

というように、攻めているときに使いたいライジングショットですね。

打ち方のコツ

一撃で決めにいくので、フラット系の低い軌道で打ちます。フラット系なので、なるべく打点を高くするために肩くらいを目安にしましょう。このくらいまでなら、力が入りやすくて打ちやすいと思います。

ボールのバウンドに対して、一緒にジャンプするように打つと、タイミングが合いやすくなります。ひざの曲げ伸ばしを利用してタイミングを合わせてもいいでしょう。

インパクトのイメージ

攻めのショットなので、ボールの上を打つようなイメージでインパクトしていきましょう。

決してボールを上から打ち下ろしてはいけません。ネットしてします。

スイングはあくまでも後ろから前に、まっすぐにインパクトさせましょう。

スポンサーリンク



守備的なライジングショット

深いショットを打たれてしまった時に、使えるショットです。

どう考えてもこちらが攻められないとき、完全に相手に攻め込まれてしまっているときに使いたいですね。

打ち方のコツ

ライジングはテンポを速くすることが目的なので、できるだけ下がらずに打ちます。

そのためには打点が低くなるので、ボールを持ち上げなければなりません。

しかし低い打点では、バウンドしてからすぐなので、ボールの勢いがあり、負けてしまいます。

なのでしっかりタイミングが合わせられるように、コンパクトにスイングしましょう。

インパクトのイメージ

ボールを持ち上げなければいけないけど、浮かないようするには、ボールの右上を打つイメージでインパクトしましょう。

少しかぶせるような形のインパクトになるので、ボールの飛びを抑えることができます。

もう1つ大事なのが、後ろに足に重心を乗せること。そうすると上にスイングできるので、スピンをかけられます。

いったん時間が欲しい時なので、滞空時間を長くすこと、スピンをかけることで安定したストロークが打てます。

まとめ

フォアハンドでは、ライジングで攻めることをおすすめします。

できることなら、バックハンドでもライジングを使った方がいいですが、難易度が高いのでフォアハンドから始めましょう。

ライジングはリズムが重要なので、ステップやフットワークがとても大切になります。

また、相手の時間を奪うためには、自分の時間も少なくなります。

早く準備しないと構えることができないので、コンパクトにテイクバックできるようにしたいですね。

ライジングは回転運動ができるとスムーズにできるので、軸を使ったスイングを身につけておくといいです。

スポンサーリンク

よく読まれる記事