真ん中でラリーをしている時はミスが少ないのに、少しでも走らされてしまうとミスばかりしてしまうなんてことありませんか?

今回は、大きく走らされた時でもしっかりコントロールできるコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

走らされてるとミスする原因

なぜミスが増えるのか?

いつもと同じようにスイングしているのに、なぜミスするんだろう?

そんな悩みを持っている人は多いと思います。

その場で打てる状況よりも、走らされた状況というのは、バランスを崩しやすくなります。

走らされると体重移動が後ろから前に使うことができないために、うまく飛ばすことができなかったり安定性に欠けてしまうんですね。

ミスしてしまう人で多いのは、攻められている状況にも関わらず無理な体勢で強く打とうとしていることがあります。

あなたは自分の状況を理解して判断することができていますか?

スポンサーリンク



走らされても打てるフォアハンド

軸を保ってコントロールアップ

走らされた状況というのは、無理な体勢の時が多く、打ち込んだとしてもミスしやすくなります。

走らされた時には、コントロール第1の考えを持つことを心がけましょう。

コントロールするためには、ラケットの真ん中にしっかり当てることが大切です。

軸がブレているといつものスイングができず、ボールとの距離間もズレてしまうのです。

常に頭と打点の距離は均等に保っておくと、同じ感覚でスイングすることができます。

ラケット面を合わせることに集中する

走らされている状況では、自分のリズムでボールを打つのは難しい。

普通にスイングすると、力が入りにくく
ネットすることが増えます。

まずは相手コートにボールを返すことが大切なので、ネットミスをしないようにラケット面をしっかり作りましょう。

ラケット面を安定させるには、コンパクトにスイングすることも大切です。

しっかりスイングすることは大切なことですが、走らされた時には、それだとコントロールできません。

コンパクトにテイクバック

先ほど説明した、コンパクトなスイングをするにはコンパクトにテイクバックをすることが大切です。

インパクトまでの距離が長いほど、ラケット面がブレやすくなります。

また、大きなスイングはパワーロスにもつながります。力を出しづらい状況でのパワーロスは避けたいですね。

スタートが大切

走らされる時は、なにより時間がたりないもの。1番肝心なのはスタートを早くすることです。

スタートが早ければ早いほど、届かなかったボールも返すことができるようになります。

相手をよく観察して、タイミングよくスプリットステップできるように、日頃から足がさぼらないように意識しましょう。

まとめ

走らされた時の返球は誰でも難しいものです。

  • 体の軸を保つ
  • 面をしっかり作る
  • コンパクトにテイクバック
  • スタートダッシュ

このことに意識すれば、今まで難しいと思っていたショットも相手コートに返せます。

走らされた時は無理に打とうとせず、コントロールしてミスをなくすことを心がけましょう。

スポンサーリンク

よく読まれる記事